r
TOP > エコノミークラス専科 > スカイパーチご紹介 > スカイパーチの使い方

ecologo pc1a
arm11
スカイパーチの使い方

Perch=止まり木
スカイパーチ
=Sky Perch
=空の止まり木
=肘掛、アームレスト
sp150
スカイパーチご紹介解説、ご購入要領こちらを、実物写真集についてはこちらをご参照ください。
sp20sp200sp280sp200
(1)
arm8m
arm7m
arrow1(1):安全ロープで結束されたスカーパーチを取り出し、ロープを解いて、組み立てます。2本のスタンドバーをプレートの穴に差し込むだけで簡単な作業です。スタンドバーの差し込む側は、差込深さ調整用のストッパーピンがついています。このピンで止まるまでしっかりと差し込みます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
arrow2(2):組み立てられたスカーパーチは右図のようになります。安全ロープを十分長く引き出すと組み立て完了です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
肘掛の高さは国際標準で約20cm、スカーパーチの高さも20cmで設計されています。高さを合わせて設置します。
(2)
arm23a

sp20(3)(4)(5)(6)
arm3lsp2arm3msp1arm25arm24
(3):隣席の方に肘掛を占有されたら場合、おもむろにスカーパーチの用意をします。組み立てて、正規の肘掛に密着するようにセットします。
(4):スタンドバーはほぼ垂直に立ちますが、シートが柔らかく、立ちにくい時は、下に機内雑誌などを敷いてスタンドして下さい。
(5):安全ロープの両端を結んで、その中に、シートベルトを通して、スカーパーチが飛散しないようにします。
(6):スカーパーチに肘を載せます。隣席の人に話しかけると会話の良いきっかけとなります。

スカーパーチ実物写真集こちらをご参照下さい。


arm5

Ⅱ、スカイパーチの取り付け要領
(上手な使い方、留意事項)

■通常、3人掛けシートでは肘掛けは4箇で肘6つ、2箇不足します。隣人に領有された時、小さな不幸を感じ続けます。こんな時に、スカイパーチがあれば、この不幸も一気に解決、快適なフライトを続けることができます。
■スカイパーチは木製、軽量(約120g)組立て簡単、機内でも安全に使用することが出来ます。下記の要領に従って組み立て下さい。
arrow1スカイパーチが設置されたシート・イメージ図です。
arrow2スカイパーチが設置された部分の拡大イメージ図です。
arm6
(1)(2)(3)
sp50arm8aarm6
スカイパーチはクッション付きプレート(長さ:23cmx巾:6cmx厚さ:1.8cm)とスタンドバー(直径:1.5cm x 長さ:20cm)2本を図のように安全ロープ(直径:3mm x 長さ:70cm)で結束し納入されます。
安全ロープを解くと図(2)のように分解されます。図(3)のように2本のスタンドバーをプレートの穴に差込みます。バーにはストッパーピンが付いており、1.8cm挿入されます。これで組立ては完成です。安全ロープは外せません。
sp100(4)設置要領
arm9a
(肘掛部正面図)
■組み立てられたスカイパーチを図(4)のように、本来の肘掛に接触させて、垂直に立てます。続いて、安全ロープの両端を結び、シートベルトを通します。
■使用中は、スカイパーチを本来の肘掛に軽く押し当てて、また、垂直を維持してお使い下さい。若干斜めになっても使用することができます。
■スタンドバーが隣シートとの境目に落ちると高さの維持ができません。もし落ちるようであれば、機内雑誌等を敷いて高さ(20cm)を維持して下さい。
■使用後は図(1)のように安全ロープで結束し、かばん等に収納下さい。
sp80スカイパーチ留意事項
スカイパーチご使用時の留意事項をまとめると次のようになります。
(1)
組み立て時、スタンドバーをプレートに急激に強い力で挿入しますと、スットパーピン(3mm径、竹製)が損傷する場合があります。ご留意下さい。
(2)
ご使用時に、過大な力でシートに押し当てると、シートを損傷する場合があります。腕の荷重程度としてください。シートが柔らかく、又は滑り易く、スタンドバーが立ちにくい時は、機内雑誌等を敷いて,その上に立ててご使用下さい。
(3)
肘置き部はクッション+2重カバーで3重構造となっています。最低部のクッションはボルトでプレートに固定されています。取り外さないようにしてください。カバーは取替え可能です。お好みの柄に変えて、お楽しみ下さい。
(4)
安全ロープは、部品がバラバラにならないように連結しています。取り外さないで下さい。また、収納時、パーツの結束用にご利用下さい。
(5)
ご使用中は安全ロープの両端を結び、その中にシートベルトを通してご使用下さい。乱気流などで機体が揺れるとき、飛散防止となります。
(6)
機内で、子供さんたちもオモチャには絶対にしないで下さい。
(7)
着陸時や離陸時には使用しないで下さい。安定飛行に入ってからご利用下さい。
(8)
出来るだけ隣席の人にも話しかけて、使用の了解を得ていただくと、友好的な雰囲気でご使用戴けます。
(9)
乱気流通過時等、飛行機が激しく揺動する場合や、トイレ等で席を離れるときは、シートベルトから外して、速やかにシートポケットに収納して下さい。
(10)
飛行機の機種やシートのタイプによっては、スカイパーチが取り付かないことがあります。予めご了承下さい。
(11)
当品は飛行機機内で使用いただく携帯用補助肘掛けです。この使用目的以外で使用され、不都合や損傷が発生しても、当方では責任を負いかねます。ご了承下さい。
sp150
スカイパーチご紹介解説、ご購入要領こちらを、実物写真集についてはこちらをご参照ください。
sp200
スカイパーチは、他人様に、全く迷惑とならない機内で使用する健康慈具です。
身体の左右のバランスをとり、長時間の着座での苦痛を緩和します。
.
ご購入はスカイパーチご紹介ページにあるWEBオーダメールより連絡下さい。
お待ちしております。
220 200
glass1s
.
bboard
〒654-0153 神戸市須磨区南落合2丁目1-51
TEL & FAX 078-793-1277
Copy right(c) ECOMAC all rigth reserved
.