sp30sp720sp20
rセキュリティ特定商取引表記WEBオーダメールWEB投稿メールFAX用紙サイトマップ
ecologopc1a
T O Pエコノミークラス専科海外旅行国別案内世界の航空機工房案内
TOP 海外旅行国別案内 北ヨーロッパへの空旅--ラトビアへの旅
ラトビアへの旅
.
エコ・クラスでのロングフライトを快適にするカナダ産木製で、
表面は絶妙の曲面加工した携帯用フットレストスカイサーフィン...をどうぞ。
.
高さ調整自由自在、足の血行を良くし、ムクミ対策に好評です。
TVでも快適グッズとして紹介されました。こちらをご覧下さい。
1セット:重さ:約150g、¥2,900+全国一律送料¥360=¥3,260(全国翌日納入)
ご購入はWEBオーダメールより連絡下さい。
お待ちしております。
国名国旗首都
(主要言語)
人口(万人)
面積(km2)
通貨気温
(リガベース)
時差
ラトビア
(Latvia)
リガ
(ラトビア語)
約224
約6.5万
(北海道の約0.8倍)
ラッツ
(約161円)
(注)2014年1月1日
よりユーロに変更
-8~22℃-7Hr
(ST:-6Hr)

バルト3国概要(3国を結ぶ鉄道計画も出来上がり、益々結束を強めています。)
■北から順にエストニア(人口約131万人)、ラトビア(約219万人)、リトアニア(約297万人)。いずれも1991年に旧ソ連から独立し、2004年に欧州連合(EU)と北大西洋条約機構人NATO)に加盟した。 エストニアは11年1月に、ラトビアは14年1月にEUの共通通貨ユーロを導入。リトアニアは15年1月の予定。それぞれ独自の言語が公用語だが、ロシア系住民も多い。
エストニアは、インタトネット電話のスカイプを生んだIT大国として知られる。大相撲の元大関把瑠都さんの出身国でもある。
■ ラトビアは高成長を続けたが、金融危機で暗転し、09年にEUなどの支援を受けた。通貨切り下げを避けて緊縮財政に取り組み、ユーロ導入を果たした。
■ リトアニアはロシアと飛び地カリユーングラードで接する。古都カウナスでは第2次大戦中、「日本のシンドラー」と呼ばれる杉原千畝がユダヤ人救出のためビザを発給し続けた。

Google Mapで見る......ラトビアの世界遺産と主要都市の観光ポイント
リガ
現地時間
(初期画面では、地図上の多くのマーカは重なって表示されています。ご覧になりたいポイントを、カーソルで画面中央に移動し、徐々に拡大(+方向)し、必要に応じて地図の形状(航空写真、地図、地形)を切り替えてご覧下さい。)

世界遺産(2箇所).........(このマーカーにて表示しています。)
シュトルーヴェの観測点
(Struve Geodetic Arc:Jēkabpils)
シュトルーヴェの観測点
(Struve Geodetic Arc:Ziestu)
歴史的中心地リガ
(Historic Centre of Riga)


主要都市と観光スポット.......マーカーにて表示しています。)
ダウガフビルス
(Dsugavpils)
レゼクネ
(Rezekne)
ブリャビニャス
(Plavinas)
エルガバ
(Jeigava)
リエパヤ
(Liepaja)
リガ
(Riga)
リガ
国際空港
ユルマラ
(Jurmala)
ベンツピルス
(Ventspils)
バルミエラ
(Valmiera)
アイナジ
(Ainazi)
. .


ラトビアの基本データ
国政
..
正式国名
ラトビア共和国 (Republic of Latvia)
.
主要都市
首都リガ、 ダウガウピルス、リエパーヤ、イェルガワ、ヴェンツピルス等
.
政体
共和制
.
国家元首
■ラトビアの国家元首は大統領。大統領は、議員とは別の選挙で選ばれ、任期は4年。
.
議会
■一院制(議席数100、任期4年)
.
地方行政
■現在、 ラトビアは、26の州と7つの直轄市で構成されて地方行政されています。
.
地理
■旧ソ連、バルト三国を構成する共和国のひとつで、中央に位置しています。1991年にソ連から独立を回復。エストニア、リトアニア、ロシア、ベラルーシと国境を接し、西はバルト海に面しています。
■西部は平坦で、東部は低い丘陵性の平原が広がります。最高点の標高はわずか311m。氷河侵食による湖沼が点在し湿地も多く、中央部を西ドビナ川が貫流しています。
.
旅の基本データ
.
ビザ・
パスポート
【ビザ】: ラトビアと日本の間には、一般旅券に対するビザ免除措置が実施されています。ラトビア訪問の目的にかかわらず、日本のパスポートをお持ちの方は、ラトビアに入国し、6ヶ月間で累計90日間以内滞在する場合には、ビザは不要です。
■90日間を超えて滞在する場合は、ビザが必要です。駐日ラトビア大使館にて、手続きして下さい。
【パスポート】:パスポートの残存期間は出国時から3カ月以上必要。(当工房では入国時に6ヶ月以上の残存有効期間があることを推奨します。)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【シェンゲン協定加盟国】
ラトビアはEU加盟国であると同時に、国境開放を目指すシェンゲン協定国に(ヨーロッパの主要25カ国が)加盟しています。
■協定加盟国間の入出国は国内移動と同様に扱われ、入出国時に税関審査はありません。日本など協定加盟国以外から入国する場合、最初に到着した協定加盟国の空港で入国、税関審査を受けます。
詳細は別紙資料の「EU統合とシェンゲン協定」を参照下さい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【留意事項】:ビザ・パスポートなどの情報は予告なく変更されることがございます。必ず大使館、領事館または旅行会社でご確認ください。
エコ・クラス快適グッズ:
カナダ産木製、表面
絶妙の曲面加工
スカイサーフィンをどうぞ
高さ調整自由自在
(約150g,26x8x1.4cm)
ムクミエコ・クラス
症候群
を完全防止します。
ご利用者様のご意見開発の経緯ご購入要領をご参照下さい。
在日大使館
【駐日ラトビア大使館】:
〒150-0047 東京都渋谷区神山町37番11号、プリマヴェーラ神山A号室 TEL:03-3467-6888、FAX: 03-3467-6897
E-mail:こちらもご利用下さい。
.
政府観光局
■ラトビア政府観光局 のWEBサイト(英文) も参照下さい。
.
通貨
■ラトビアの 通貨:ラッツ(Lats、略号:Lt)、補助通貨:サンティームス(Santimu、略号:St)、1Lt=100St
■1ラッツ=約161円 、1ラッツ=約2US$ 、対ユーロ固定制(1ユーロ=約0.70ラッツ)(2010年8月現在)
■現在、紙幣は5、10、20、50、100、500ラッツ紙幣の6種類が発行されています。(100ラッツ紙幣、および500ラッツ紙幣は流通が少ないです。)
■硬貨 :1、2、5、10、20、50サンティムス硬貨、1、2ラッツ硬貨の8種類が発行されています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2013年6月29日の発表により、通貨は、2014年1月1日より、EU連合加盟国の標準通貨;ユーロ(EUR)となることが決定した。
1EUR=100セント(Sent)=約¥128(2013,06,末ベース)
■紙幣は5,10,20,50,100,200,500ユーロの7種類 および、硬貨は、1,2,5,10,20,50ユーロセントと1,2ユーロの8種類となります。
.
両替・
カード等
【ラッツへの両替】: 両替するのに最も便利な外貨は、ユーロと米ドルです。現地の空港や、主要都市の銀行、ホテル、両替店で両替できます。
【クレジットカード】:国際的カード(VISA,AMEX,マスター、ダイナーズ等)は広く使用できます。
【T/C】:米ドルまたはユーロ建てT/Cなら、銀行で換金できます。
【ATM】:主要都市を中心に広く普及しています。
【制限】:現金の持ち出し・持ち込み 現地通貨の持ち込み・持ち出しに規制はありません。しかし、現金の申告が法に明記されており、ラトビアを通過し、EU連合の税関範囲内から10,000ユーロを超える現金または銀行券、金融証書、小切手または債務証書を輸入または輸出のどちらも行う者は、税関職員もしくは国境警備兵に金額を申告する必要があります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【税の払い戻し】:ラトビアでは、MAX21%(食品は10%)の付加価値税が課せられています。「TAX FREE」と表示のある店で1回30.25ラット(約4,800円)以上の買い物をした場合、払い戻しを受けることができます。
■払い戻しの詳細は別紙資料の[EU統合とシェンゲン協定]の第3項
[物品税(VAT/TVA)の払い戻しについて]を参照下さい。
.
チップ
■ラトビアには、元来チップの習慣はありませんでしたが、観光化が進むにつれチップが期待される雰囲気になってきました。下記を目安にして下さい。
【レストラン】ホテルのレストラン等で、サービス料が含まれていない場合は、料金の10~15%くらい。(サービス料が含まれている場合は払う必要なし。)
【空港・ホテル】ポーターやボーイに対し、スーツケース1つにつき50サンティムス硬貨程度。ルームサービス:20~50サンティムス硬貨程度。
【タクシー】おつりの小銭を渡す程度。
【ガイド・ドライバー】:タクシーやミニバスをチャーターした場合、各自料金の10%を目安に。
.
電気
■ラトビアの電源は 220V 50Hz、 プラグはヨーロッパB/Cタイプ 。日本の電化製品を使う場合は変圧器とアダプターが必要。使用する機器が外国での利用を保証しているか、必ず確認を。
.
時差
■日本とラトビアの時差は-7時間。
■サマータイム時は-6時間(毎年3月最終日曜の深夜2:00から10月最終日曜の深夜2:00まで)。
.
気候
■気候区分として、沿岸部は西岸海洋性気候で冬季も比較的温和で湿度は高いです。内陸部は湿潤大陸性気候で夏は冷涼ですが、冬は長く寒い日が続きます。
■年間降水量は500~700mmとさほど多くないが、蒸発量が少ないため湿地が多い国土となっています。ラトビアの四季は、次のように特色付けられます。
【春(4月)】:雪解けが始まり、ツララの落下事故が発生します。朝夕の気温がぐんぐん上がっていきます。野山では新芽が出てきます。
【夏(5~9月)】:5月に入るといきなり夏がきたように暑くなり、7月には30°C近くまで上がります。旅行シーズンの到来です。夏至の前後は、夜10時くらいまで日が沈みません。降水量は年間を通じて一定ですが、7~8月が最も降水量が多くなります。しっかりとした雨具が必要です。
【秋(10月)】:10月に入ると急に寒くなります。昼が短くなります。急な落葉が見られます。
【冬(11~3月)】:日中の気温が0℃近くまで下がり、12月には降雪が始まります。1~3月までは全土が積雪で覆われ、内陸部ではスキーも楽しめますが、道路の凍結等で、転倒などにも注意が必要です。
リガの月別平均気温・降雨量
1月 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
最高-2-231016202221161040
最低-8-8-51610121284-1-4
降水量353030414465857375606045
気温:℃ 降雨量:mm/M 資料:WMO(世界気象機関) のデータより
.
渡航データ
..
渡航者数
■日本からラトビアへの渡航者数は 近年約6,000人/年間。
.
フライト
■日本からの直行便はなく、近隣諸国を経由して、ラトビアの玄関口、リガ国際空港に入ります。
■一般的なのは、フィンランド航空でヘルシンキ経由、スカンジナビア航空でコペンハーゲン経由、エアロフロート航空でモスクワ経由等があります。
.
所要時間
■ヘルシンキや コペンハーゲンを経由して、所要約16~18時間。
.
玄関口空港
■ラトビアの玄関口は、リガ国際空港。首都のリガからは西へ約15kmの距離にあります。
.
玄関口空港
アクセス
■空港-リガ市内間には次の交通機関があります。
【タクシー】:”リガタクシー”や”バルチックタクシー”を利用します。約8ラット(約1,800円)、約15分。
【路線バス】:10~30分間隔で出ています。約70サンティームス(約120円)、所要時間:約30分。
【リムジンバス】:”エアポート・エクスプレス”と呼ばれるミニバスを利用することもできます。約3ラット(約480円)、所要時間:約20分。
.
機内へ
の持込
■原則として縦、横、高さの3辺の和が115cm以内。爪切り、カミソリなどは預け荷物へ。
■化粧品や飲み物などの液体は100ml以下の小さな容器に移し、まとめて透明な袋に入れること。テロ対策で規制が厳しくなっているので事前確認をしましょう。
.

.
bboard
〒654-0153 神戸市須磨区南落合2丁目1-51
TEL & FAX 078-793-1277
Copy right(c) ECOMAC all rigth reserved
.