sp30sp720sp20
rセキュリティ特定商取引表記WEBオーダメールWEB投稿メールFAX用紙サイトマップ
ecologopc1a
T O Pエコノミークラス専科海外旅行国別案内世界の航空機工房案内
TOP 海外旅行国別案内 西ヨーロッパへの空旅--フランスへの旅
フランスへの旅


(フランスを代表する世界遺産:モン・サン・ミシェル)
エコ・クラスでのロングフライトを快適にするカナダ産木製で、
表面は絶妙の曲面加工した携帯用フットレストスカイサーフィン...をどうぞ。
.
高さ調整自由自在、足の血行を良くし、ムクミ対策に好評です。
TVでも快適グッズとして紹介されました。こちらをご覧下さい。
1セット:重さ:約150g、¥2,900+全国一律送料¥360=¥3,260(全国翌日納入)
ご購入はWEBオーダメールより連絡下さい。
お待ちしております。
国名国旗首都
(主要言語)
人口(百万人)
面積(km2)
通貨気温時差
フランス
(France)
パリ
(フランス語)
約65
約55万2千
(日本の約1.5倍)
ユーロ
(約113円)
3~20℃
(パリ
ベース)
-8Hr
(ST:-7Hr)

Google Mapで見る....フランスの世界遺産と観光主要都市
パリ
現地時間
(初期画面では、地図上の多くのマーカは重なって表示されています。ご覧になりたいポイントを、カーソルで画面中央に移動し、徐々に拡大(+方向)し、必要に応じて地図の形状(航空写真、地図、地形)を切り替えてご覧下さい。)
.
<
世界遺産(2015,4現在:39箇所).......のマーカーにて表示しています。)
ポルト湾:ピアナのカランケ、ジロラータ湾、スカンドーラ自然保護区
(Gulf of Porto: Calanche of Piana, Gulf of Girolata, Scandola Reserve)
ピレネー山脈のモン・ペルデュ
(Pyrenees - Mont Perdu)
歴史的城塞都市カルカッソンヌ
(Historic Fortified City of Carcassonne)
ミディ運河
(Canal du Midi)
アルルのローマ遺跡とロマネスク様式建造物群
(Arles, Roman and Romanesque Monuments)
アルビの司教都市
(Episcopal city of Albi)
ポン・デュ・ガール(ローマの水道橋)
(Pont du Gard (Roman Aqueduct))
アヴィニョン歴史地区:法王庁宮殿、司教関連建造物群,アヴィニョン橋
(Historic Centre of Avignon: Papal Palace, Episcopal Ensemble and Avignon Bridge)
オランジュのローマ劇場とその周辺及び凱旋門
(Roman Theatre and its Surroundings and the Triumphal Arch of Orange)
月の港ボルドー(ボルドー歴史地区)
(Bordeaux, Port of the Moon,Port de la Lune)
サン=テミリオン地域
(Jurisdiction of Saint-Emilion)
フランスのサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路
(Routes of Santiago de Compostela in France)
ヴェゼール渓谷の先史的景観と装飾洞窟群
(Prehistric Sites and Decorated Caves of the Vezere Vally)
リヨン歴史地区
(Historic Site of Lyons)
サン=サヴァン・シュル・ガルタンプ修道院付属教会
(Abbey Church of Saint-Savin sur Gartempe)
サラン・レ・バンの大製塩所からアルケ・スナンの王立製塩所までの、天日製塩施設
(From the Great Saltworks of Salins-les-Bains to the Royal Saltworks of Arc-et-Senans, the production of open-pan salt)
ブールジュ大聖堂
(Bourges Cathedral)
ヴォーバンの要塞
(Fortifications of Vauban)
ヴェズレーの教会と丘
(Vezelay, Church and Hill)
シュリー・シュル・ロワールとシャロンヌ間のロワール渓谷
(The Loire Valley between Sully-sur-Loire and Chalonnes)
フォントネーのシトー会修道院
(Cistercian Abbey of Fontenay)
フォンテーヌブローの宮殿と庭園
(Palace and Park of Fontainebleau)
シャルトル大聖堂
(Chartres Cathedral)
中世市場都市プロヴァン
(Provins, Town of Medieval Fairs)
ストラスブールのグラン・ディル
(Strasbourg-Grande ile)
モン・サン・ミシェルとその湾
(Mont-Saint-Michel and its Bay)
ナンシーのスタニスラス広場、カリエール広場、アリアンス広場
(Place Stanislas, Place de la Carriere, and Place d’Alliance in Nancy)
ヴェルサイユの宮殿と庭園
(Palace and Park of Versailles)
パリのセーヌ河岸
(Paris, Banks of the Seine)
ランスのノートルダム大聖堂,サン=レミ旧大修道院, トー宮殿
(Cathedral of Notre-Dame, Former Abbey of Saint-Remi and Palace of Tau, Reims)
オーギュスト・ペレによって再建された都市ル・アーヴル
(Le Havre, the city rebuilt by Auguste Perret)
アミアン大聖堂
(Amiens Cathedral)
ベルギーとフランスの鐘楼群
(Belfries of Belgium and France)
ニューカレドニアのラグーン
(Lagoons of New Caledonia: Reef Diversity and Associated Ecosystems)
レユニオン島
(Pitons, cirques and remparts of Reunion Island)
コースとセヴェンヌの地中海性農牧地の文化的景観(The Causses and the Cévennes, Mediterranean agro-pastoral Cultural Landscape)
アルプス山系の先史時代杭上住居跡群(Prehistoric Pile dwellings around the Alps)937の遺跡の中から111が世界遺産に登録された。
ノール=パ・デュ・カレー地方の炭田地帯(Nord-Pas de Calais Mining Basin)109箇所登録されました。
アルデシュ県ポン・ダルクの装飾洞窟:ショーヴェ・ポン・ダルク洞窟(Decorated Cave of Pont d’Arc, known as Grotte Chauvet-Pont d’Arc, Ardèche)
(注記)は夫々西太平洋、インド洋にあります。地図を縮小し、移動して確認下さい。



フランスの主要都市と観光スポット.......(このマーカーにて表示しています。)
カルカソンヌ
(Carcassonne)
マルセイユ
(Macseille)
カンヌ
(Cannes)
トウルーズ
(Toulouse)
アルル
(Aries)
ニース
(Nice)
モナコ
(Monaco)
アヴィニオン
(Avignon)
ボン・ジュ
・ガール
(Pont Du Gard)
ボルドー
(Bordeaux)
グルノーブル
(Grenoble)
リヨン
(Lyon)
ブルージュ
(Bourges)
ナント
(Nantes)
ディジョン
(Dijon)
トゥール
(Toure)
チャンボード
(Chambord)
ロアール
(Loire)地区
オルレアン
(Orleans)
レンヌ
(Rennes)
フォンテーヌ
ブロ(Fontaine
bleau)
シャルトル
(Chartres)
ストラスブール
(Strasbourg)
モンサンミッ
セル(Mont-
St.Michel)
ヴェルサイユ
(Versailles)
パリ
(Pari)
........ ..



パリの観光スポット.......(このマーカーにて表示しています。)
オルリー
(Orly)空港
ノートル
ダム寺院
サン・ジェル
マン・デ・プレ
教会
エッフェル
マレ地区 セーヌ川
船乗り場
ルーブル
美術館
コンコルド
広場
オペラ座 シャンゼリ
ゼ通り
凱旋門 東駅
サン・ラザー
ル駅
北駅 サクレ・
クール寺院
シャルル・ド
・ゴール空港
....



その他の注目観光スポット.......(このマーカーにて表示しています。)
ニース(Nice) エズ村(Eze) エズ村の教会
(塔は最高地点)
ホテル、シャト-エザ
(Chateau Eza)
ホテル、ラ・シェ-ヴル
・ドール
(la Chevre D'Or)
コレット・カフェ
(Colette Cafe)
. . . .



フランスの基本データ
国政
..
正式国名
フランス共和国 (French Republic)
.
主要都市
パリ、リヨン、マルセイユ、リール、トゥールーズ、ニース、ボルドー、ナント、ストラスブール、トゥーロン等
.
政体
共和制
.
国家元首
■大統領。直接選挙で選ばれ、任期5年。首相の任免権や議会の解散権など強力な権限が与えられ、立法府である議会より行政権の方が強い体制が敷かれています。このため、先進国の中でも日本などと同様、官僚機構が強いと言われます。
■大統領が任命する首相は、大統領にも議会にも責任を負い、共に行政権を持っています(半大統領制)。
.
議会
■二院制を採用。上院に当たる元老院と、下院にあたるフランス国民議会があります。
元老院は間接選挙で選出され、任期は6年で3年ごとに半数を改選され、国民議会は直接選挙で選出され、投票に際して小選挙区制と二回投票制度が定められています。優先権は国民議会にあり、元老院は諮問機関としての色彩が強い。
.
地方行政
■フランスの地方区分は、本土22地域(コルシカ1含む)、海外に5(県)。県ベースで分けると101県に区分されて地方行政されています。(Wiki参照)
.
地理
■フランスの北部、西部に広がる領域は緩やかな起伏の平野で、高所でも標高200m程度。温暖な気候と併せて西欧最大の農業国フランスの基礎となっています。
■しかし、隣国の境界には巨大山脈が脈々とつながり、東部で、ドイツ国境にはヴォージュ山脈、スイス国境にはジュラ山脈、イタリアとの国境にはアルプス山脈があります。このアルプス山脈には、フランスの最高峰モンブラン(4,810m)がそびえ、古代ローマの時代から有名なサンベルナール峠があります。南西部のスペイン国境にはピレネー山脈が延び、過っては峠がほとんど無かったので、スペインとの交易を困難なもでした。ピレネー山脈の最高峰アネト山 (3,404m) はスペイン側にそびえます。
■主な河川は北から反時計回りに、セーヌ川 (776km)、ロワール川 (1012km)、ガロンヌ川 (647km)、ローヌ川 (812km)。
.
旅の基本データ
.
ビザ・
パスポート
【ビザ】:日本人旅行者が観光を目的としてフランスに入国する場合、滞在期間が90日以内に限りビザは必要ありません。
【パスポート】:2頁以上空白ページが残っていて、フランスを最終的に出国する日より3ヶ月以上の期限が残っていること。(当工房では入国時に6ヶ月以上の残存有効期間があることを推奨します。)
【入(出)国カード】:パスポートとともに入国審査の際に提出する入(出)国カードは、フランスでは必要ありません。他の国を経由する場合は事前に確認を。
【シェンゲン協定国】:フランスはEU加盟国であると共に、シェンゲン協定加盟国で、国境開放を目指しています。滞在については、シェンゲン協定の基本ルール・・・・最初に入国した日から数えて180日の間で、滞在日数は累積カウントされ最大90日間・・・・ビザ無し滞在可能が適応されています。
詳細は別紙資料の「EU統合とシェンゲン協定」を参照下さい。
シェンゲン協定を超えて滞在を希望される場合は、別途ビザが必要となります。ビザの詳細については下記の在日フランス大使館に問い合わせてください。
【留意事項1】:ビザ、パスポートなどの内容は予告なく変更される場合があります。事前に大使館・領事館、または予約担当者にご確認ください。
高さ:324m
最上階展望台
高さ:276m

第二展望台
高さ:115m
(28階ビル相当)

第一展望台
高さ:57m
在日大使館
【在日フランス大使館】:〒106-8514 港区南麻布4丁目11-44、
電話:03-5798-6000、03-5420-8800
同大使館のWEBサイトを参照して下さい。
.
政府観光局
【フランス観光開発機構】:東京都港区赤坂2-10-9 ラウンドクロス赤坂ビル9階
TEL 03-3582-0994、03-3582-6965 / Fax (03) 3505-2873
同機構のWEBサイトを参照して下さい。(フランス政府観光局は2009年7月1日より、「フランス観光開発機構」と名称変更となりました。)
.
通貨
■フランスはEUの主導国。通貨はユーロ(EUR)及びサンチーム CENTIME(C)(フランスではセントをサンチームと呼びます)
1EUR=100C=約¥113(2011,02ベース)。
■紙幣は5、10、20、50、100、200、500ユーロの7種類、硬貨は、サンチーム硬貨:1、2、5、10、20、50及びユーロ硬貨:1、2の8種類が流通しています。
.
両替・
カード
【ユーロへの両替】:出国前に、空港や一部の銀行で円からEURに換金できます。
■現地では、空港、銀行、郵便局、両替所、ホテルなどで両替できます。
【留意事項】:*通常、銀行の営業時間は、土・日・祝日を除く9:00~16:30の営業。*主要郵便局、土曜日でも利用できます。*パリ市観光局でも両替業務を行っています(無休)。
【クレジットカード】:AMEX、ダイナースクラブ、VISA、マスターカードなど、国際的なクレジットカードは広く利用できます。ホテル、商店、レストランなどでは使用できるカードの種類を表示しています。
【トラベラーズチェック(T/C)】:T/Cも広く利用できます。ドルやユーロ建てT/Cであれば、処理が早くなります。
【ATM】:カード会社と提携しているATMでは現金も引き出せるので持って行くと便利です。
【通貨制限】:旅行者がフランスに持ち込む通貨額に制限はありませんが、申告の義務はあります。1万ユーロ以上の多額の現金・外国紙幣・有価証券の持ち込み・持ち出しの予定がある人は、出入国時に申告して下さい。
【税金払い戻し】:フランスで外国人が、[TAX FREE、TAX REFUND](グローバル・リファンド社の加盟店)表示のある店で、一店舗あたり総額175ユーロ以上(店により305ユーロ以上)、15歳未満の子どもは90ユーロ以上の買い物をすると、”リファンドチェック"の手続きをして、商品の付加価値税の還付を受けることができます。(但し手数料は差し引かれます。)
「TAX FREE」以外の店でも、還付申請用紙がもらえれば手続きできます。店側に確認下さい。
■フランスが旅行の最終国の時、空港税関窓口で手続きをし、帰国後、成田国際空港と関西国際空港にあるキャッシュ・リファンド・カウンターで払い戻しを日本円で受け取ることができます。フランスが旅行の途中国の場合は、別のEU最終国でまとめて手続きをすることになります。ちなみに戻ってくるのは買い物で支払った税金。ホテル代や飲食代の分は還付されません。
【払い戻しの詳細】:払い戻しの詳細は別紙資料のEU統合とシェンゲン協定の第3項を参照下さい。
エコ・クラス快適グッズ:
カナダ産木製、表面
絶妙の曲面加工
スカイサーフィンをどうぞ
高さ調整自由自在
(約150g,26x8x1.4cm)
ムクミエコ・クラス
症候群
を完全防止します。
ご利用者様のご意見開発の経緯ご購入要領をご参照下さい。
チップ
サービスに対する謝意の証として、接客業に携わる人々はチップを歓迎します。よいサービスを受けた場合は下記を目安にチップを弾んで下さい。
【レストラン】:サービスに満足した場合、料金の5~10%ぐらい。または、おつりの小銭をテーブルに残す。
【ボーイ・ポーター】:空港やホテルで荷物運びのサービスを受けた場合、荷物一個につき、50セント~1ユーロ。
【タクシー】:料金の10%程度。荷物の積み降ろしのサービスを受けた場合は、荷物一個につき、50セント~1ユーロ。
【ガイド・ドライバー】:タクシーやミニバスをチャーターした場合、各自料金の10%を目安に。
【トイレ】:掃除の係員がお皿を前に置いて座っていたら0.25~0.5ユーロ程度。
.
電気
■220V,50Hz,プラグ:Cタイプ又はSEタイプ。電気製品:変圧器必須(変圧器内蔵型が便利)。
.
時差
■-8時間。夏時間は3月の最終日曜日(午前2:00に3:00に進める)、冬時間開始は10月の最終日曜日(午前3:00に2:00に戻す)。
.
気候
■フランスにも四季がありますが、年間の気温変化は、0℃~25℃で日本と比べて穏やかな気候変 化です。
■ 春(4月~5月):天気の変動はありますが、日中はあきらかに冬を脱した暖かさが感じられます。朝晩は冷えるので、セーターや薄手のコート類を持っていくことをお薦めします。
■ 夏(6月~8月): 雨は少なく、晴天が続きます。湿度は低く快適な時期です。薄手のセーターは持参を。
■ 秋(9月~10月):天気は変わりやすく、朝晩の冷え込みがきつくなります。セーターやコート類での防寒は必須です。
■ 冬(11月~3月)、北部では、気温は氷点下まで下がることがあり、真冬の防寒対策が必要。

下記に代表都市の年間の気温・降雨量の変化を表記します。
パリの月別平均気温(最高・最低)・降雨量)
1月 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
最高 6 7 12 16 20 23 25 24 21 16 10 7
最低 1 1 4 6 10 13 15 14 12 8 5 2
降水量554535406055606555505050

マルセイユの月別平均気温(最高・最低)・降雨量
1月 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
最高 10 12 15 18 22 26 29 28 25 20 15 11
最低 2 2 5 8 11 15 17 17 15 10 6 3
降水量403040404525103060757065
気温:℃ 降雨量:mm/M 資料:WMO(世界気象機関) のデータより
渡航データ
..
渡航者数
■日本からフランスへの渡航は約66万人/年間(2005年)。
.
フライト
■日本からフランス(パリ)へは直行便はエール・フランス航空(AF)、全日空(NH)、日本航空(JL)が毎日運行しています。
往路

復路
出発
便名 曜日 出発 到着 便名 曜日 出発 到着 到着

AF275 毎日 12:45 17:15 パリ AF276 毎日 13:30 09:05
(翌日)

AF277 毎日 21:55 04:25
(翌日)
パリ AF278 毎日 23:25 19:00
(翌日)
JL405 毎日 11:05 16:40 パリ JL406 毎日 19:20 14:10
(翌日)
NH205 毎日 11:20 16:40 パリ NH206 毎日 20:00 14:40
(翌日)

AF 毎日 11:35 17:00 パリ AF 毎日 13:45 08:25
(翌日)

JL 毎日 13:55 19:15 パリ JL 毎日 21:30 16:31
(翌日)
■日本からの直行便は、パリの玄関口であるシャルル・ド・ゴール国際空港に到着します。
■中部、福岡からの直行便はありません。
■他の国を経由してパリへ行く便は、いろいろあります。
航空会社名経由地運航日・着日
キャセイパシフィック (CX)香港毎日 翌日着
アエロフロートロシア (SU)モスクワ日・火・水・金 同日着
英国航空 (BA)ロンドン土以外毎日 同日着
[注意]:昨今の航空事情により、突然変更になる場合があります。渡航前には再確認下さい。
.
所要時間
■【東京・成田】直行便で約11時間40分、【大阪・関空】直行便で約12時間10分、【福岡】直行便無し。経由便で約14時間
.
玄関口空港
■フランスを代表する玄関口空港は
シャルル・ド・ゴール空港(パリから北約26キロ。ロワッシー市にあるので、通称ロワッシーと呼ばれる。)
.
玄関口空港
アクセス
■シャルル・ド・ゴール空港からパリ市内まで入るには、以下の5つの交通手段があります。
1、エールフランスのリムジンバス (エールフランスを利用していなくても、バス利用は可能)約50分、15ユーロ。
2、地下鉄公団の空港バス、約50分、9.1ユーロ。
3、路線バス、約60分、約9ユーロ。
4、高速郊外地下鉄 RER、約30分、8.5ユーロ。
5、タクシー、約50分、約40ユーロ。
.
機内へ
の持込
■原則として縦、横、高さの3辺の和が115cm以内。爪切り、カミソリなどは預け荷物へ。
化粧品や飲み物などの液体は100ml以下の小さな容器に移し、まとめて透明な袋に入れること。テロ対策で規制が厳しくなっているので事前確認をしましょう。
.

.
bboard
〒654-0153 神戸市須磨区南落合2丁目1-51
TEL & FAX 078-793-1277
Copy right(c) ECOMAC all rigth reserved
.