sp30sp720sp20
rセキュリティ特定商取引表記WEBオーダメールWEB投稿メールFAX用紙サイトマップ
ecologopc1a
T O Pエコノミークラス専科海外旅行国別案内世界の航空機工房案内
TOP 海外旅行国別案内 南アジアへの空旅--モルディブの旅
モルディブへの旅
モルディブの首都マーレ(島)の全景と遠方には玄関口となる"マーレ・フルレ国際空港”(空港の島、フルレ島)が見えます。
エコ・クラスでのロングフライトを快適にするカナダ産木製で、
表面は絶妙の曲面加工した携帯用フットレストスカイサーフィン...をどうぞ。
.
高さ調整自由自在、足の血行を良くし、ムクミ対策に好評です。
TVでも快適グッズとして紹介されました。こちらをご覧下さい。
1セット:重さ:約150g、¥2,900+全国一律送料¥360=¥3,260(全国翌日納入)
ご購入はWEBオーダメールより連絡下さい。
お待ちしております。
国名国旗首都
(主要言語)
人口(万人)
面積(km2)
通貨気温
(首都ベース)
時差
モルディブ
(Maldives)
マレ
(ディベヒ語)
約40
約298
(淡路島の約1/2)
ルフィア
(約8円)
26~32℃-4H
(ST無し)

Google Mapで見る
モルディブの主要な環礁、リゾート地、宿泊ポイント
マレ
現地時間
(初期画面では、地図上の多くのマーカは重なって表示されています。ご覧になりたいポイントを、カーソルで画面中央に移動し、徐々に拡大(+方向)し、必要に応じて地図の形状(航空写真、地図、地形)を切り替えてご覧下さい。)

現在、モルディブは26の環礁で構成されていますが、その内、下図のように20個が管理対象環礁として、環境保全をすると共に、観光開発が行われています。



A: ハーアリフ環礁
B:ハーダール環礁A:バニマドードゥ空港
C:シャビヤニ環礁
D:ヌーヌ環礁
E:ラア環礁
G:バア環礁
F:ラヴィヤニ環礁


H:北・南マーレ環礁
I:北アリ環礁
B:マーレ国際空港
J:南アリ環礁首都:マーレ

L:ファーム環礁
K:フェリドウ環礁
(又はバーヌ環礁)
N:ダール環礁M:ミーム環礁

O:タア環礁

P:ラーム環礁

C:カツドゥ空港

Q:ガーフアリフ環礁
D:カーデッドゥ空港

R:カーフダール環礁

S:グナヴィヤニ環礁

E:ガン空港

T:アツドゥ環礁(又はシーヌ環礁)
グループ名環礁名、地域名
各環礁や地域を5グループに分けて、主要なホテル、リゾート、スパ、ロッジ等を表記しています。各グループ名クリックしてご参照下さい。
第一グループ
ハーアリフ環礁(Haa Alifu Atoll ) 、ハーダール環礁(Haa Dhaalu Atoll)、シャビヤニ環礁 (Shaviyani Atoll)、ヌーヌ環礁 (Noonu Atoll)、ラア環礁 (Raa Atoll)、ラヴィヤニ環礁(Lhaviyani Atoll)、バア環礁(Baa Atoll )
第二グループ
北マーレ環礁(North Kaafu Atoll)、フルフレ島
第三グループ
マーレシティ (Male City)、南マーレ環礁(South Kaafu Atoll)
第四グループ
北アリ環礁(Alif Alif Atoll)、南アリ環礁(Alif Dhaalu Atoll)
第五グループ
フェリドゥ環礁(Vaavu Atoll)、ファーフ環礁( Faafu Atoll)、ミーム環礁(Meemu Atoll)、ダァール環礁(Dhaalu Atoll)、タア環礁( Thaa Atoll ) 、ラーム環礁( Laamu Atoll ) 、ガーフ・アリフ環礁( Gaafu Alifu Atoll ) 、ガーフ・ダール環礁( Gaafu Dhaalu Atoll ) 、グナヴィヤニ環礁( Gnaviyani Atoll ) 、シーヌー環礁,アッドゥ環礁 (Seenu Atoll or Addu Atoll)
.
.
主要な環礁と空港
マーカーにて表示しています。)At=Atoll, AP=Air Port, IAP=International Air Port
ハーアリフ環礁
(Haa Alifu At )
ハーダール環礁
(Haa Dhaalu At)
シャビヤニ環礁
(Shaviyani At) 
ヌーヌ環礁
(Noonu At)
ラア環礁
(Raa At)
ラヴィヤニ環礁
(Lhaviyani At)
バア環礁
(Baa At)
マーレ環礁
(Kaafu At)
北アリ環礁
(Alif Alif At)
南アリ環礁
(Alif Dhaalu At)
(*)フェリドゥ環礁
(Felidhe At)
ファーフ環礁
(Faafu At)
ミーム環礁
(Meemu At)
ダァール環礁
(Dhaalu At)
タア環礁
(Thaa At)
ラーム環礁
(Laamu At)
ガーフ・アリフ環礁
(Gaafu Alifu At)
ガーフ・ダール環礁
(Gaafu Dhaalu At)
グナヴィヤニ環礁
(Gnaviyani At)
(*)アツドゥ環礁
(Addu At)
ハニマードゥ空港
(Hanimaadhoo AP)
マーレ国際空港
(Male IAP)
カッドウ空港
(Kadhdoo AP)
カーデッドゥ空港
(Kaadedhoo AP)
ガン空港
(Gan AP)
(*) Kはフェリドゥ環礁(Felidhe Atoll)又はバーヌ環礁(Vaavu Atoll)、Tはアツドゥ環礁(Addu Atoll) 又はシーヌ環礁(Seenu Atoll)と呼ばれます。

モルディブの基本データ
国政
..
正式国名
モルディブ共和国 ( Republic of Maldives)
.
主要な都市
1200の島々からなるモルディブには、大都市と呼ばれる街はありません。最大の街は北マレ環礁の南端にある首都マレ(Male)で人口は約11万人です。
.
政体
共和制
.
国家元首
■大統領。首相は1975年以来空席。大統領が行政府の長を務めています。任期5年。議会が候補者を選出し国民が信任投票を行います。2003年10月の選挙で信任されたガユーム大統領が現在も続投(6期目)中。
.
議会
■一院制の国民議会があります。全50議席で42議席を21歳以上の国民による選挙で選出し8議席を大統領が指名。任期は5年。
.
地方行政
■首都マレと、7つの行政区に分かれます。また、7つの行政区は、各々2~4のアトル (atholhu)「環礁区」を持っています。このアルートは20あります。 首都マレは特別行政区で、カーフ環礁の中にあるマレ島とヴィリンギリ島の2島のみで構成されています。
.
地理・概要
■モルディブはスリランカの南西にあって、26の環礁から成り立つ、インド洋の環礁国家。この環礁群の広さは東西118km、南北754kmに渡り、その中には約1200の島が点在します。それぞれの島の大きさは100平方キロメートル~2キロ平方キロメートル程で海抜1~2m程度の砂州にヤシが生えてできあがった小さな島々です。
この26の環礁は南北2列に並んで延びています。環礁とは珊瑚の隆起で成り立った島々が環状に連なったも。島と島が近く浅瀬が続いており、歩いて渡れるようなリゾートもあります。26の環礁は約1,200の島々から成り、約200の島に人々が住む。さらにリゾート施設専用の島が100ほどあります。高温多湿の熱帯気候。
■国土の80%は海抜は1m以下、最高海抜は2.4mというまさに”洋上ビーチ国家”。そのため、近年の海面上昇と珊瑚礁の死滅により、国土が消滅する危険にさらされています。
このため現大統領首都のマーレ
(ナシード大統領)は、モルディブの基幹産業である観光収入の一部を使って海外の土地(インドやスリランカ、オーストラリアなどを想定)を購入し、国民が移住できる土地を確保を検討しています。
■国家の主要産業は観光で、最大の外貨獲得源です。海外からの観光客を誘致するリゾート島は85 - 100はあり、リゾート島は無人島です。1つの島に1つのホテルがある、『1島1ホテル』スタイルが基本です。
■モルディブを訪問する観光客は南海の孤島に流れついたようなイメージを楽しむことができます。各島への移動はドーニーと呼ばれる木製ボート、水上飛行機と呼ばれる高速艇(いわゆるモーターボート)や国内線用小型飛行機などが用意されています。
■旅行者がモルディブを訪れるとき、島の特徴を調べてリゾートを選びましょう。 島の形はそれぞれ異なり、それに伴いビーチやラグーン、ハウスリーフなど島の立地条件も違います。各リゾート地は、発電機や塩水ろ過装置など、必要な機能すべてを島内に備えています。
.
旅の基本データ
.
ビザ・
パスポート
【ビザ】:モルディブ共和国へ、30日間以内の観光目的で訪問する場合は、全ての渡航者は、事前のビザ取得は不要です。
入国審査時には、復路航空券の提示(次の訪問国がある場合はその国が必要とするビザ確認があります。)、予約済みホテルの確認、必要な滞在費(30US$以上/日) )、パスポートの所持が確認されて、入国許可ビザが発給されます。
■30日を超えて滞在する場合は、モルディブの出入国管理局に申請しなければなりません。最大90日まで延長可能。出国税(US$12)は、航空券に含まれていますので、出国時に支払う必要はありません。
【パスポート】:残存有効期間は、基本的に滞在日数以上であればOK。(不測の事態に備え、入国時に残存有効期間が6カ月以上をお勧めします。)
【出入国カード】:機内で出入国カードが配布されます。必要事項を記入し、入国時に入国管理員に提出します。
【イエローカード】:予防接種は不要ですが、黄熱病汚染地区に滞在または通過後6日以内に入国する場合は、予防接種証明書(イエローカード)が必要です。
【参考】:ニューカレドニア、フィジーのビザについては、ニューカレドニアは30日以内、フィジーは4カ月以内の観光にはビザは不要。 パスポートについては、ニューカレドニアは出国時3カ月以上、フィジーは入国時3カ月にプラス滞在日数以上有効なパスポートが必要です。 ■【留意事項】:ビザ・パスポートなどの情報は予告なく変更されることがございます。事前に、領事館や旅行会社によく確認ください。
エコ・クラス快適グッズ:
カナダ産木製、表面
絶妙の曲面加工
スカイサーフィンをどうぞ
高さ調整自由自在
(約150g,26x8x1.4cm)
ムクミエコ・クラス
症候群
を完全防止します。
ご利用者様のご意見開発の経緯ご購入要領をご参照下さい。
在日大使館
【駐日モルディブ大使館】:
〒106-0041 東京都港区麻布台1-9-10 飯倉ITビル8階、TEL:03-6234-4315、FAX:03-6234-4316、E-mailはこちらへ。
WEBサイトはこちら を参照下さい。
.
政府観光局
■現在、駐日のモルディブ政府観光局はなく、駐日のモルディブ大使館が兼務しています。お問い合わせは、大使館にて確認下さい。よく利用される観光案内サイトはこちら です。
.
通貨
■ モルディブ通貨はモルディブ・ルフィアRf(Maldives Rufiyaa)、補助通貨はラーリLa(Laari)。Rf1=La100=約5.1円(2011年12月10日現在)。
紙幣はRf500、100、50、20、10、5。、硬貨はRf2、1、La50、25、10、5、1。
.
両替・
カード等
【モルディブ・ルフィアへの両替】:主要国の通貨であれば、空港の銀行、市内の銀行、ホテルなどで現地通貨に両替ができます。但し、リゾートでの支払いは米ドル(US$)使用が一般的です。また、ほとんどがサインで済むため、現地通貨はあまり必要ではありません。地元の人が暮らすマーレのショップやレストランでも米ドルが通用します。ただし、マーレ以外の漁民の島々では米ドルが使えるものの、お釣りはモルディブ・ルフィアで渡されることが多いです。
■銀行の営業時間は通常、日曜~木曜が8:00~13:30、金、土曜は休みとなっています。空港の銀行は飛行機の到着時間に合わせて開いています。 リゾートでの両替時間は直接リゾートでお確かめ下さい。
【クレジットカード】:VISA、MASTER、AMEXがたいていのリゾートで使用できます。JCB、DINERSはリゾートによっては使えないこともあります。
【T/C】:米ドルまたはユーロ建てなら、ほとんどのホテル、レストラン、ショップでも利用されています。
【ATM】:いざというときに現金をキャッシングできるATMは、首都マーレの銀行の一部にしかないことを留意ください。
【制限】:外貨の持ち込みは制限なしです。
日本からアルコール類を持ち込むことも禁止されています。入国時にスーツケースをX線でチェックし、お酒が見つかった場合は、帰国時まで没収・保管されることに。その他持ち込み禁止のものは、わいせつな出版物、豚肉、麻薬など。アルコール類のみ、帰国時に返してくれます。逆に持ち出しが禁止されているものは、貝殻や砂、べっ甲、黒サンゴ(加工品を除く)など。貝殻や砂はついつい持ち帰りたくなりますが、ご注意を。
■リゾート島内やフルレ島にあるフルレ・アイランド・ホテルではお酒を楽しむことができます。ただし、マーレや漁民の島では飲酒はご法度。
【再両替】:ルフィアは日本で両替ができないので、使い切るか、空港で日本円に両替し直す必要があります。両替レシートは再両替時に必要です。しっかりと保管しましょう。
.
チップ
■モルディブ リゾートではウエーターやポーター、ルームメイド、ダイビングスタッフなどにチップを渡すのが習慣となっています。
首都マーレのホテル、レストラン、一部のリゾートでは5~10%のサービス料が加算されるので、この場合は不要です。
リゾートでのチップは次を目安にして下さい。
【レストラン】:、滞在中同じテーブルが指定されるスタイルでは、最終日にまとめてチップを渡すのが通例。目安は一人1食につき1~2ドル。2人で4日間滞在ならば、最終日に2人×3回×4日=24ドルを担当ボーイに渡すか、テーブルに置いておきましょう。
【ボーイ・ポーター】:荷物の運搬をサポートしてくれた場合は、荷物1個に付きUS1ドル。
【ホテルのルームサービス】:枕銭として、一日:US1ドル。(最終日にまとめて渡すのも可)
【ダイビングやエクスカーション】:ボートやドーニのスタッフにも1日1~2USドルのチップを渡す習慣があります。船内やダイビングショップ内にチップボックスが置かれている場合はそちらに入れます。
.
電気
■モルディブ 電圧は220~240Vで周波数は50Hz。日本国内用の電化製品はそのままでは使えないので変圧器が必要。プラグはBF。リゾートではBFとSEが多いが、ほとんどのリゾートでは、すべてのプラグを使用できるマルチプラグが用意されています。
.
時差
■モルディブと日本との時差は 4時間遅れ。サマータイムはありませんが、リゾートによってはモルディブ時間とは1~2時間違うリゾート独自の時間を使用している場合もあります。
.
気候
■モルディブは 高温多湿の熱帯性気候で、年間を通して平均気温が26~33℃。モンスーンの影響により乾季と雨季があります。
【乾季】:北東のインド大陸方面からモンスーンが吹く11~4月は、空気もさわやかで雨の少ない穏やかな時期となります。乾季でも時には雨が降ったり、強風が吹いて海が荒れることはあります。4月が最も暑く、12月が最も涼しくなります
【雨季】:南西のインド洋方面からモンスーンが吹く5~10月はスコールの多い時期となります。スコール時には風が出て、波も高くなります。この時期、稀に何日もしとしとと雨が降り続く場合もありますが、ほとんど毎日、1~2回スコール(通常20~30分で通過)に見舞われます。それ以外は晴れています。
【その他】:最近は、地球温暖化の影響か、乾季と雨季のはっきりとした違いが薄れつつあるようです。もっとも、水温は年間を通して24~28℃に保たれています。
服装は、全シーズン、Tシャツで過ごせますが、風の強い夜は意外に冷え込むことがありますので 薄手のウィンドブレーカーなどを持っていくとよいでしょう。 赤道に極めて近いので、日光は大変強いです。サングラス・日焼け止めは必需品です。
マレの月別平均気温・降雨量
1月 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
最高303131323131303030303030
最低262727282727262626262626
降水量902550100220160150190200230230190
気温:℃ 降雨量:mm/M 資料:WMO(世界気象機関) のデータより
.
渡航データ
..
渡航者数
■モルディブへの日本人渡航者数は 近年約3万人前後/年間(2012年度は3万6千人)。
.
フライト
日本からモルディブへのフライトは各種あります。旅行目的に応じて選択してください。
【直行便】:スリランカ航空:東京(成田)発着
成田空港から週3便運行。往路の月・木曜日は、モルディブまで直行便が運行。土曜日は、スリランカのコロンボ経由で運行。復路は、全てコロンボ経由となります。同日着可
【経由便】:
(1)シンガポール航空:東京(成田・羽田)、大阪、名古屋発着
シンガポール乗換で毎日運行。ご希望にあわせて日程を組む事ができます。同日着可
(2)マレーシア航空:東京(成田)・関空発着
クアラルンプール乗換で週5便運行。ご希望にあわせて日程を組む事ができます。お帰りにはクアラルンプールで買い物なども楽しめます。同日着可
(3)エミレーツ航空:東京(成田)・関空発着
ドバイ首長国連邦のドバイを経由してモルディブやヨーロッパ主要都市に運行。翌日着
(4)バンコク・エアウェイズ利用のバンコク乗継ぎ
バンコク乗継ぎは週2便があります。バンコク宿泊、翌日着となります。 モルディブへの旅では、コロンボ、シンガポール、クアラルンプール、ドバイでの寄り道観光も一般的です。ツアーの目的に応じて旅程を計画下さい。
.
所要時間
■モルディブの玄関口マーレ国際空港まで、スリランカ航空の直行便をご利用いただく場合には、成田から約10時間30分、コロンボ経由の場合は約12時間でモルディブに到着します。
■シンガポール及びクアラルンプール乗継ぎの場合、所要約14~16時間。
■バンコック、ドバイ一泊乗り継ぎの場合、所要約24~26時間。
.
玄関口空港
■モルディブの玄関口は首都マーレの近くに浮かぶ空港の島、フルレ島にあるマーレ・フルレ国際空港。
.
玄関口空港
アクセス
■小さな島で構成されている国の為、鉄道やバスはありません。移動は船(ドーニと呼ばれるボート、水上飛行機と呼ばれる高速艇)、国内線の小型飛行機です。
■空港のあるフルレ島と約2km離れた首都マーレ島(南北約1.5km、東西約2.5kmの小さな島)間はドーニで10分(約10分間隔で運行)。それ以外のリゾートへはドーニ、水上飛行機と呼ばれる高速艇または小型飛行機にて移動となります。
■フルレ島にあるフルレ・アイランド・ホテルへはバスで。所要時間は約5分。
■北マーレ環礁、南マーレ環礁以外のリゾートへは水上飛行機(アリ環礁やバァ環礁など)や国内線小型飛行機(ハーアリフ環礁やアッドゥ環礁など)を利用しての移動になります。※水上飛行機移動の場合は、日本からの到着が夜間となりますので翌日の移動となります。
■首都マーレにはタクシーが走っています。運賃は走行距離に関係なく、一律2USドルになります。最近の交通量の増加により、信号機が各地に設置されています。
.
機内へ
の持込
■原則として縦、横、高さの3辺の和が115cm以内。爪切り、カミソリなどは預け荷物へ。
■化粧品や飲み物などの液体は100ml以下の小さな容器に移し、まとめて透明な袋に入れること。テロ対策で規制が厳しくなっているので事前確認をしましょう。
.


モルディブ
旅行
ご予算情報
94件のモルディブツアープランを用意しています。下記はその3例です。
成田発モルディブ・ドバイ 6日間:
¥139,000~¥164,000

出発日:2013年04月11日~2013年06月29日
成田発モルディブ・ドバイ 6日間:
¥179,000~¥189,000

出発日:2013年04月11日~2013年06月29日
成田発モルディブ・ドバイ 7日間:
¥214,000~¥219,000

出発日:2013年06月14日~2013年10月26日
具体的なご計画はこちらのサイトを
ご利用下さい。
このバーナをクリックして下さい。


モルディブ
旅行
ホテル予約
.............126軒のホテル情報があります。
1部屋2人:約US$59~.............具体的なご計画は上のサイトをご利用下さい。
都市名;モルディブ共和国を選択し、さらに、エリア、観光スポットで条件を絞り、
日程、人数をインプットして、予約状況、費用等をご確認下さい。


.
bboard
〒654-0153 神戸市須磨区南落合2丁目1-51
TEL & FAX 078-793-1277
Copy right(c) ECOMAC all rigth reserved
.