sp30sp850sp20
rセキュリティ特定商取引表記WEBオーダメールWEB投稿メールFAX用紙サイトマップ
ecomark pc1a
T O Pエコノミークラス専科海外旅行国別案内世界の航空機工房案内
.
TOP 海外旅行国別案内 ラスベガスへの旅 (ラスベガス総合案内)
USAを代表する
観光都市
ラスベガスへの旅

このページはNo1 ラスベガス総合案内のページです。
Glass4
ラスベガスへの旅」は下記のとおり、7項目の目次で構成させています。各目次をクリックしてご参照下さい。
No ........ ........
ラスベガス総合案内 ラスベガスと近隣都市、ラスベガスを代表するホテル、アクセス空港、
.歴史、気候、その他
ラスベガスの主要な
カジノ・ホテル
カジノ・ホテルとしてラスベガスを代表するベスト15及び他の巨大ホテル
ラスベガスの一般的ホテル 日本ツアー客のよく利用するホテル
ラスベガス市内各種ご案内 博物館 、美術館、展覧会、公共施設、エンターティメント、アトラクション、
.ショッピング
ラスベガス郊外の
主要ポイント
ラスベガスから訪問できる観光ポイント:公園、大自然
ラスベガスのゴルフ ラスベガスのゴルフ場案内
グランドキャニオン探訪 ラスベガスから訪問できるグランドキャニオンの観光ポイント
Glass4

Great Reef
ラスベガス
(USAへの旅こちらを参考下さい。)
(特集USAその他の注目ポイントこちらを参考下さい。)
(特集ニューヨークへの旅こちらを参考下さい。)
(ハワイ州:オアフ島への旅はコチラのサイトを参照下さい。
ハワイ州:カワイ島、モロカイ島、ラナイ島、マウイ島、ハワイ島への旅はコチラのサイトを参照下さい。
エコ・クラスでのロングフライトを快適にするカナダ産木製で、
表面は絶妙の曲面加工した携帯用フットレストスカイサーフィン...をどうぞ。
.
高さ調整自由自在、足の血行を良くし、ムクミ対策に好評です。
TVでも快適グッズとして紹介されました。こちらをご覧下さい。
1セット:重さ:約150g、¥2,900+全国一律送料¥360=¥3,260(全国翌日納入)
ご購入はWEBオーダメールより連絡下さい。
お待ちしております。
.
.
ラスベガス総合案内
ラスベガス
現地時間
sp90

ラスベガスの基本データ
都市名 言語都市人口
(万人)
都市面積
(km2)
通貨気温時差
ラスベガス
(Las Vegas)
英語ラスベガス:約200
ラスベガス市:約60
ラスベガス市: 約352km2
(東京都23区の約57%)
*US$=約102円)
(2016,09,01)
19℃+1Hr

ラスベガスの位置
ラスベガス
(Las Vegas)
ロサンゼルス
(Los Angeles)
サンフランシスコ
(San Francisco)
ソルト・レークシティ
(Salt Lake City)
グランドキャニオン
(Grand Canyon)
フェニックス
(Phoenix)
サンタフェ(Santa Fe) . .

上の表の”マーカ”をGoogle Map上に載せると下図のようになります。
.............
(留意事項:初期画面ではマーカーが重なっている場合があります。十分に拡大してご確認下さい。)



ラスベガスを代表する主要なホテルベスト15
マンダレイ・ベイ・リゾート・アンド・カジノ
(Mandalay Bay Resort Casino)
価格帯: ¥11,300~¥48,700、客室数:3211室 ,4星
ルクソール・ ホテル・ アンド ・カジノ
(Luxor Hotel and Casino Las Vegas)
価格帯:¥7,100~¥33,200、客室数:4400室,3.5星
マンダリン・ オリエンタル ・ラスベガス
(Mandarin Oriental, Las Vegas)
価格帯: ¥27,900~¥66,900 、客室数:392室,5星
エリア・リゾート・カジノ
(Aria Resort And Casino )
価格帯:¥18,500~¥66,500、客室数: 4004室,5星
ザ・ コスモポリタン・ オブ・ ラスベガス
(The Cosmopolitan of Las Vegas)
価格帯: ¥17,900~¥75,200、客室数:2959室 ,5星
プラネット・ハリウッド・ カジノ
(Planet Hollywood Casino)
価格帯:¥11,000~¥42,700、客室数:2600室,4星
パリス・ ラスベガス (Paris Las Vegas)
価格帯:¥12,800~¥44,100、客室数:2916室、4星
ベラージオ・ホテル&カジノ
(Bellagio Hotel Casino)
価格帯:¥21,900~¥64,000、客室数:3933室、5星
バリーズ・ラスベガス・ホテル&ガジノ
( Bally's Las Vegas Hotel & Casino)
価格帯:¥¥8,100~¥34,400、客室数:2814室、3.5星
シーザーズ・ パレス (Caesars Palace)
価格帯:¥17,400~¥60,100、客室数: 3974室,4.5星
ミラージュ・ リゾート&カジノ
(The Mirage Hotel & Casino)
価格帯:¥12,400 ~¥50,200、客室数:3044室、4.5星
ベネチアン・リゾート・ホテル&カジノ
(Venetian Resort Hotel Casino)
価格帯:¥20,800~¥66,900、客室数:4027室、5星
トレジャー・ アイランド - TI
(Treasure Island - TI)
価格帯:¥10,300~¥37,200、客室数:2884室、4星
サーカス・サーカス・ホテル & カジノ
(Circus Circus Hotel & Casino Las Vegas)
価格帯:¥4,900~¥24,300、客室数:3773室、3星
ストラトスフィア
(Stratosphere Casino Hotel& Tower)
価格帯:¥5,900~¥28,600、客室数:2427室、3.5星
. .
(注記):ホテル価格帯(宿泊費、1部屋/1泊)は季節、ニーズにより変更します。目安としてください。


Great Reef
ラスベガスを代表する清廉された”マンダレィーベイ”ホテル
ラスベガスの発見と交易ルート探し
ラスベガスの不思議
■”砂漠の中に忽然と現れたギャンブルの街”といわれるガスベガス、こんなラスベガススタイルを見習えば、どこでも、こんな巨大な””娯楽都市”ができるのでしょうか。答えは”否”。それではどんな歴史的、地理的、人為的な必然性や思惑が絡んで、こんな荒涼とした砂漠にこんな巨大な”娯楽都市”ができたのでしょうか。更に発展していくのでしょうか。いくつかの不思議にせまります。
ラスベガスの発見
■1800年初頭、現在のメキシコやアメリカ合衆国の西部(ニューメキシコ州、カルフォニア州)はスペインの植民地でした。商魂たくましいスペイン人達はアメリカ西部で、厳しい砂漠、険しい渓谷、山脈を越えて、内陸から、西海岸に出る、交易ルートを懸命に探していました。
■時は1829年11月7日、政府の支援を受け、60名の商隊を率いた若き隊長アントニオ・アルミヨ(Antonio Armijo:1804~1850)は、現在のニューメキシコ州のサンタ・フェ(Santa Fe)からカルフォニア州ロサンゼルス(Los Angeles)に向かう最短コースをみつけるべく出発しました。

las6las7las8
123
las4 ■未踏地の行進は苦難を極めましたが、グランド・キャニオン砂漠を超えて西部に隊をすすめ、1829年12月25日ごろには、現ネバダ州とアリゾナ州の州境を流れるバージン川( Virgin River)に到着した時、道案内員(先導隊員)のラファアエル・リベラ(Raphael Rivera)が行方不明になるというハップニングがおきました。
■幸い2週間後に彼は帰隊、その第一声は「ラスベガスを見つけたぞ!」(ラスベガス:スペイン語で”草原(Las Vegas)”の意味)と報告したのでした。リベラに誘導されて、その草原に行くと小川が流れ、ことどころにオアシスもある、最高の休憩ポイントでした。この第一声がこの地点の名前となりました。(右写真:現在のラスベガス・ウオーシュ、このような川のある草原を発見したようです)隊はさらに西部に進み、不毛の砂漠を超えて、1830年1月31日にはロサンゼルスに到達しました。

las3

オールド・スパニッシュ・トレイル(Old Spanish Trail)

las9■1700年代には、現在の東部フロリダ半島から西部ニューメキシコ州あたりまで、スペイン人がつくった交易路がありました。更に西方は未開発でしたが、1829年アントニオ・アルミヨに率いられたキャラバン隊によって踏破された。赤線はアントニオ・アルミヨ隊が発見したルート。多くの生きた商品(馬、ラバ、ロバ等)も一緒に移動するため、いろいろなルート(中央メインルート、北部ルート)が開発されました。
■当時交易隊はニューメキシコで作られた織物(肩掛けやブランケット用にインデアンが織ったもの)をカルフォニアに運び、ここで飼育された馬やラバ、ロバと交換しました。2枚のブランケットと馬一頭、数枚のブランケットとラバ一頭と交換された。ルートが確立した1840~1850頃には、交易隊は数百頭~数千頭の馬やラバを連れてニューメキシコに帰ってきました。
■今日ではこのスペイン人がつくった交易路をオールド・スパニッシュ・トレイル(Old Spanish Trail)と呼び、歴史遺産となっています。

ラスベガスの近代史
ラスベガスの歴史(1829-1840頃)
las15
1829~1830;上述のように、スペイン系メキシコ人商人のアントニオ・アルジオが率いる60名のキャラバン隊によって「ラスベガス(スペイン語で草原の意味)」は発見されて、サンタ・フェからロス・アンデルスに通じる最短ルートが発見されました。 その後はスパニッシュ・トレイルと呼ばれる交易ルートがラスベガスを中継地として発達しました。現在ではこのトレイルに沿ってハイウエーが整備されています。
ラスベガスの歴史(1840~1850頃)

las13USAの東部はイギリスから独立し国造りが始まっていましたが、西部はまだスペイン属国メキシコに支配されており、USA陸軍は偵察行動を開始しました。1844年5月3日、米陸軍の工作隊員であったジョン・C・フリモント(John C Fremont 右写真)はジョン・テイラー(John Tyler)大統領府からの指令を受けて、メキシコ領であった、現USAの西部域(ニューメキシコ、アリゾナ、ネバダ、カルフォニアの各州)のルート探索を行い、このラスベガスにある泉の近くにキャンプを張ったと記録されています。このルート探索の目的は、来るべきメキシコ戦争を想定して、軍隊移動、補給物資の搬送のためのルート探しだったようです。そして、この「ラスベガスにある泉」のキャンプ地はその後、秘密基地として建屋も建てられ、駐屯地として使われました。そして、メキシコ戦争(1846~1848)を経て、USAの領土となったこの駐屯地は、後々、この地を通る、旅人、猟師、鉱物資源探索隊の休憩場所として利用されました。las11
ラスベガスの歴史(1850~1860頃)

1848年頃に現在のカリフォルニア州で金が発見されると、金脈を探し当てて一攫千金を狙う採掘者(右写真)が全世界から殺到しました。東部からの山師たちはここラスベガスに停泊して金鉱地に向かいました。カリフォルニアに向かう砂漠の中の貴重な中継地点として定住する者が現れた。一方、1820年頃、USA東部で多くのキリスト教の教団が生まれ、モルモン教もその一つでしたが、特異な教義を持つが故に、東部では反発、迫害されて西部に移動、現在のユタ州ソルトレイクシティに入植(1847年)しました。一部の信者はさらの南下(1855年)して、ラスベガス盆地に入り、農業、牧畜をしながら、信仰を広めようとしたが、厳しい環境や内紛などで挫折、再びユタ州に引き上げました(1857年)。
ラスベガスの歴史(1860~1870頃)

las14
メキシコ戦争(1846~1848)(左写真)を経て、メキシコ領の北部を領有したUSAは、1850年頃から、綿花などを中心に農業(プランテーション)開発に力を入れる南部と、工業化に力を入れる北部が対立するようになりました。互いに軍隊を組織して対立する中、ほぼ境界域にあったラスベガス盆地では、北軍の砦などがいち早く築かれました。南北戦争(1861~1865)で北軍が勝利ると、太平洋に出る、重要な中継点と位置付けられるようになりました。この地域は”タスベガスの小屋”(Ras Vegasu Rancho)などと呼ばれ、入植者によって、ブドウ作りなどの農業もおこなわれました。ここで醸造されたワインは評判となり、オールド・スパンニシュ・トレイルではもっとも良い宿場町となりました。
ラスベガスの歴史(1870~1900頃)

las21
1890年頃には、国有地となっていた、砂漠地帯も、入植者に払い下げられ($3.1/hectare)、個人所有の土地として開墾されはじめました。1902年頃には1800エーカ(7.3Km2)は開墾された。1895年頃から、一旦はソルト・レイク・シティに引き上げていたモルモン教徒が、本格的に入植し、灌漑用水路も作られ、農業が発展しました。1905年、ユニオン・パシフィック鉄道による、ロス・アンデルスとソルト・レイク・シティを結ぶ鉄道が敷設されたとき、水の便の良いラスベガスは中継地点となり、現在のダウンタウンにユニオン・パシフィック駅(Union Pacific Stn:右写真)が造られました。多くの開墾地が、鉄道のために売却されました。鉄道の開通により、土地の価値がでて、土地の取得、売買が盛んになりました。鉄道駅が完成した1905年は、ラスベガスが市として登録された年であり、街の発祥年となりました。
las10
1906年頃のラスベガス、鉄道、水道などインフラも整備されて、多くの人が住み始めました。
ラスベガスの歴史(1905-1930頃)
las16
1900年の初頭、ラスベガスの街にパイプを用いた水道設備が完備されました。これにより、多くの人々が街に住むことが容易になり、また、砂漠を走る蒸気機関車に水供給するポイント(右写真)もできて、鉄道の拠点ともなりました。街は発展し、現在のブルーバード地区やボナンダ地区ができました。しかし、その後(1910-1920頃)不法なギャンブルがはびこり、治安は乱れ、賭博禁止法が施行されたり、鉄道事業も倒産したりして、街は不安定となりました。
ラスベガスの歴史(1930-1940頃:フーバー・ダム建設、最初のカジノ)

USA全体の景気沈滞を打破するために、公共事業が行われるようになりました。ラスベガスの近くではコロラド川を堰き止め、発電、水道、灌漑用のためフーバーダム建設が実施されました(1931年)。ラスベガスの人口は建設当初約5000人だったのが、全国から工事関係の労働者の流入で、約25000人に増加しました。 この労働者はほとんど男性で、彼らを慰労するために、カジノ、ショウ劇場等の娯楽施設が次々と設置でされていきました。多くの労働者の流入し、不法なギャンブルがはびこり、夜の暗いラスベガスは治安の悪い街となっていましたが、1937年頃にはフーバダムから電気が供給されるようになると、街は一気に明るくなりました。また街の治安を良くするため、賭博禁止法や禁酒法が制定されましたが、逆に闇賭博、闇飲酒が増え、また、州の収入も減少したので、特に、ラスベガスは合法化されました。1940年頃にはルート95号線が通過し、ラスベガスはより高級な観光地として開発されていきました。
las17las18
1934年頃、完成に向かうダム(1931年工事着工)1936年にはほぼ完成、1937年より水力発電を開始しました。

ラスベガスの歴史(1941-1945:戦争の時代)

las19第二次世界大戦の勃発、ラスベガスでは軍事訓練所、砲術学校等の軍事施設がつくられました。 1941年4月、トーマス・フル(Thomas Hull)によって、最初の娯楽ホテル ”EL Rancho Vegas”がストリップ地区につくられました。 1942年10月、R.E.グリフィス(R. E. Griffith)によって、カジノ、ナイトクラブ用ホテル ”Hotel Last Frontier”フリーモント通りにつくられました。 1946年頃には、暗黒界の大物;メイヤー・ランスキー(Meyer Lansky)等の資金援助を受けて、ラスベガスのマフィア系ボス:ブジー・シーゲル(Bugsy Siegel)によって、カジノホテル”フラミンゴ(The Flamingo)”がつくられました。(シーゲルは建設直後金銭トラブルで1947年に暗殺された。)この暗いエピソードは宣伝効果となり、ホテル ”フラミンゴ”(上、設立当初の写真)はラスベガスを代表するホテルに変貌していきました。
ラスベガスの歴史(1946-1960頃:戦後ブーム)
las20 ホテル ”フラミンゴ”の成功によって、カジノ、ギャンブルビジネスは儲かることが証明されると、各方面から資金が流入し、次々とカジノホテルが建設されていきました。サハラ(Sahara)、サンズ(Sands)、ニューフロンテア(New Frontia)、ロイヤル・ネバダ(Royal Nevaada)、アパッチ(Apache)等が挙げられる。 賭博ビジネスや、ホテルビジネスは合法化されて、ホテルはカジノ付娯楽ショー付等、多様化していきました。この時代では、ニューヨークやハリウッドの芸能界ともつながりができて、フランク・シナトラ、ディーン・マーチン等のスターが活躍しました。そして、ラスベガスの合法化はうまく機能したため、娯楽都市として益々発展していきました。 また、ラスベガス近郊のネバダ核実験場では多くの核爆発実験(左写真)がおこなわれました。

ラスベガスの歴史(1960以降:カジノの都、ホテルラッシュ)
las22 モルモン教徒の投資家と組んで、マフィアがカジノホテルが次々と建設していきました。1960年代後半頃から当局の取締りが厳しくなるにつれ、マフィアは次々とホテルの経営権を手放すようになり、合法的な不動産会社やホテルチェーン、ハワード・ヒューズのような大富豪などがこれらのホテルやカジノの経営権を引き継ぎました。1990年代にはほぼ合法的になり、それに伴って投機ブームが起り、より広い土地が必要となったこともあって市街は南方に大きく拡張しました。1980年代の末頃から巨大テーマホテルブームが起こり、各ホテルの広大な敷地を使ってのコンベンションなどが多数開かれるようになりました。客室数ベースで世界の12大ホテルのうち11軒がラスベガス地区にあります。儲けの出る大型のカジノの建設は、客室数200室以上のホテルの付帯施設としてしか認可されなかったので、カジノブームと共に大型ホテルも増えていきました。

ラスベガス情報

ラスベガスの中心部(Las Vegas Monorail パンフレットより)

* 地方行政
■ラスベガスはアメリカ東海岸ニュージャージー州アトランティックシティと並んで、カジノなどのギャンブルで有名である。また、ラスベガスを含むネバダ州は法人税や個人所得税等がない上に、他の税金も非常に税率が低いため、シティグループをはじめ大企業が進出していることでも知られる。
.
* 地理
■「ラスベガス・バレー」は地形上の流域(低地)を意味します。このバレーは一般に、西はスプリング山脈、北はシープ山脈、東はマッディ山脈とミード湖、南はブラック山脈で仕切られる平原を意味します。
■この都市は総面積293.6km2(東京都23区の約半分)です。このうち293.5km2が陸地で0.1km2が水地域(総面積の0.04%)となっています。山に囲まれたネバダ砂漠の中の盆地に市街地が広がっています。
■北西に約105kmの距離には過ってのネバダ核実験場があります。
■行政的には、ラスベガス市は現在ダウンタウンと呼ばれる地域一帯のみで、一般にラスベガスとして知られているのは、ラスベガス市を含むクラーク郡(ラスベガス都市圏)となります。
.
*人口・人種
2000年現在の国勢調査データで、
■都市人口:約480,000人、世帯数:177,000(118,000家族)
■人種構成:白人69.86%、アフリカン・アメリカン10.36%、先住民0.75%、アジア4.78%、太平洋諸島系0.45%、その他の人種9.75%および混血4.05%で、人口の23.61%はヒスパニックまたはラテン系です。
■年齢構成:18歳未満の未成年>25.9%、18歳~24歳>8.8%、25歳~44歳>32.0%、45歳~64歳>21.7%、65歳以上>11.6%。平均年齢>34歳。
■男女比:女性100人:男性は103.3人。18歳以上では女性100人:男性は102.5人。
.
.
*旅の基本
データ
【ビザ】,【ESTA】,【パスポート】 【駐日アメリカ合衆国大使館】,【アメリカ合衆国政府観光局】, 【通貨,両替,チップ等】こちらの”USAへの旅”をご参照下さい。
.
* 喫煙
■禁煙場所は増え、ほとんどの公共の場所は禁煙となりました。タバコの好きな方は、喫煙場所を探すか、周囲の方に喫煙可能か確認して吸うようにしてください。
.
* 電気
■110~120V、60Hz。Aタイプ(ラスベガスの電源コンセントは、2つの平らな平行ピンが付いた標準的な北米のプラグ)。電気製品:変圧器必須(変圧器内蔵型が便利)
.
* 電話
■緊急時の連絡先: 警察または救急車の要請は 911 (通話無料) へ。市外局番: 702 (ベガスの主要ホテルおよび店舗)、725 (新局番)。市内通話では10 桁の番号をダイヤルします (例: 702-555-1212)
.
* 税金
■セールスタックス8.15%、ラスベガスのホテル宿泊税は12%です。
.
* 時差
■日本との時差は17時間(夏時間は16時間)、フライト時間は14~15時間。
.
*気候と気温
ラスベガスの気候
■ケッペンの気候区分では砂漠気候(BWh)に属します。少し曇がかかる日もありますが300日近くは晴れで、天候が安定しています。年間平均気温は19℃、平均年間降雨量は105mm。年間を通じて昼と夜の温度差が激しい。湿度は20%程度と非常に乾燥しています。
■夏期:5月~9月まで、日中の気温が40℃を超えることもあります。
■春や秋:春期ー3月~4月、秋期ー10月~11月、平均21℃程度としのぎやすい。
■冬期:12月~2月、平均10~16℃だが、0℃下になることもある。
■服装:昼間は暑い、4~10月の間は日中、Tシャツやショートパンツなどの夏服で過ごすことができます。夏場でも夜は涼しく、室内では冷房が利いているので上に羽織るもの必要。春先や晩秋は薄手のジャケット、冬はコートやウールの上着が必要。
ラスベガスの月別平均気温(最高・最低)・降雨量
1月 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
最高131721263137403934271914
最低1371016212423191261
降水量121211573912751110
ラスベガス10日先天気予報はこちらのサイトをご参考下さい。
サウスリム(South Rim)の月別平均気温(最高・最低)・降雨量
1月 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
最高571116212729282518116
最低-7-6-4048131282-3-6
降水量30403020105455030252050
気温:℃ 降雨量:mm/M 資料:WMO(世界気象機関) のデータより
.
.

マッカラン国際空港(MACCARRAN INTERNATIONAL AIRPORT)

玄関口空港
■通称:ラスベガス空港。正式名称「マッカラン国際空港(MACCARRAN INTERNATIONAL AIRPORT)」。空港コード:「LAS」。
■ラスベガス空港は、多くの旅行者が宿泊する「ストリップ」地区から約5Km(タクシー時間で15分程度)離れています。渋滞することもありませんので、空港ーホテル間、スムースに移動することができます。
■空港ターミナル内には、約1300台のスロットマシーンに溢れ訪問客を歓迎します。
■ターミナル(T)ビルはT1とT3に別れ、T1は主に国内線の発着、T3は国際線及び一部の国内線の発着に利用されています。
日本を出発した多くのUSA系飛行機は、通常ロスやサンフランシス等に寄港し、国内線としてラスベガスに到着しますので、T1を使用します。
■空港のターミナル内は、無料のWiFi接続が可能、PC接続してインターネットを利用することも可能です。
*渡航者数
日本からの渡航者数は 近年約35万人/年間と推定されています。
.
*フライト
■よく利用される航空会社(主な経由地):
*デルタ航空(ロサンゼルス、シアトル、、デトロイト、ミネアポリス経由)
*ユナイテッド航空(サンフランシスコ、ロサンゼルス、シアトル、シカゴ経由)
*アメリカン航空(ロサンゼルス、サンフランシスコ、シカゴ、ダラス経由)
*日本航空(ロサンゼルス、サンフランシスコ、シカゴ、ダラス、ホノルル経由)
*全日空(サンフランシスコ、ロサンゼルス、シアトル、シカゴ、バンクーバー経由)
*エアカナダ航空(バンクーバー経由)
*大韓航空(ソウル)
*エアロメヒコ航空(モンテレイ)
*ハワイアン航空(ホノルル経由)
などです。
所要時間成田からの所要時間は乗り継ぎ2時間を入れて約15時間です。
*ラスベガス
の交通・移動
概要:世界でも最大の観光都市、都市内の移動は、各種バスサービス、タクシー、レンタカー、モノレールなど交通機関が用意されています。そして、交通網は、すべてがストリップ (Strip) を中心として放射状に広がっています。
空港送迎シャトルバス:空港では、RITZ TRANSPORTATION、BELL TRANSなど5社ほどが運行しています。どこも料金に大差はありません。「乗り合い」なので、乗客を待って人数が集まれば出発します。 ストリップやダウンタウンのホテルまで、$10 以下で行ける最も経済的な方法です。 空港へ行く場合の予約やスケジュールについてはホテルで確認ください。
タクシー:料金には初乗り運賃が決められており、その後マイルごとの追加料金が加算されます。詳細については、運転席の裏にある表示をご覧ください。ほとんどのタクシーは現金又はクレジットカードでご利用できます。ストリップ地区まで1台あたり約$15(プラス空港利用料$1.80と15%程度のチップ含みます) 所要時間:約15分 。市内中心部まで約$20-$25、所要時間:約25分
公共交通機関 :”デュース”や”ザ・ストリップ&ダウンタウン・エクスプレス”という巡回バスサービス (リージョナル トランスポーテーション コミッション (Regional Transportation Commission) - RTC)を利用することができます。運賃は時間と場所によって異なります。ストリップでは 2 時間券(2時間乗り放題):$6、オフ・ストリップ (off-Strip) では 2 時間券(2時間乗り放題):$3、1回券(片道):$2 、1日パス:$8、3日間パス:$20もあります。ストリップでは 24 時間無休で運行しています。www.ridethestrip.com
ラスベガス モノレール:サハラ アベニュー (Sahara Ave)のSLSラスベガス(旧サハラ・ホテル) から MGM グランド ホテル(MGM Grand Hotel)の間を毎日運行しています。
駅名は付近のホテル名などからつけられています。
*北から南へ・・・>サハラ駅>LVH=ラスベガス・ホテル・アンド・カジノ駅>ラスベガス・コンベンションセンター駅>ハラーズ/ザ・リンク駅>フラミンゴ/シーザーズ・パレス駅>バリーズ/パリス・ラスベガス駅>MGMグランド駅
*全区間均一運賃制・・・>片道 5ドル、2回回数券 9ドル、10回回数券 35ドル、1日券 15ドル、3日券 40ドル、 5歳以下の子供は無料である。
*営業時間は月曜が 7:00 AM 〜 12:00 AM、火曜〜木曜が 7:00 AM 〜 2:00 AM、7:00 AM 〜 3:00 AM の運行は金曜〜土曜。
リムジン サービス :10人近くは乗れる、ミニバスをチャータできます。グループ旅行や家族旅行に最適。運転手付レンタカーのように、ショッピング、お食事、ナイトツアー、グランドキャニオン・ツアーなどにご利用戴けます。料金は条件によりまちまちです。時間利用の場合、1 時間:$35~$50 レベルから。 お申込み:リムジン サービスの会社は15社近くあります。空港、ホテルでお申込み下さい。
レンタカー :ラスベガスで、レンタカーを自分の自家用車のように利用し、旅を楽しむ人々は多いものです。レンタカーを借りれるところは、空港、街中のショップ、ホテルがあります。最も多いのは ラスベガス空港(マッカラン国際空港)にあるレンタカー・センター(McCarran Rent A Car Center、場所は空港のメインターミナルから南西方向へ直線距離で約3kmの地点にあります。)に専用シャトルバスでアクセスし手続きします。約11社が営業しています。エコノミー カーの平均価格は、およそ 1 日 $25 から $30。よく条件を確認して契約します。
駐車場 :街中には、無料駐車場が多数あります。ほとんどすべての主要ホテルでは、無料の係員付き駐車サービスをご提供しています (チップをお忘れなく)。
徒歩でベガスを回る:ラスベガスの街はウォーキングでも楽しめるようにできています。ウォーキングならではの発見もあり、軽装でお出かけください。特に夏の間は、水分補給のペットボトルはお忘れなく。
エコ・クラス快適グッズ:
カナダ産木製、表面
絶妙の曲面加工
スカイサーフィンをどうぞ
高さ調整自由自在
(約150g,26x8x1.4cm)
ムクミエコ・クラス
症候群
を完全防止します。
ご利用者様のご意見開発の経緯ご購入要領をご参照下さい。
*ラスベガス
へのお問い合せ
下記在日のラスベガス観光局にお問い合わせください。
ラスベガス観光局 日本オフィス:〒105-0004 東京都港区新橋5-27-6 上村ビル2F
Phone: +81 3 6450 1480 、Fax: +81 3 6450 1481 、Email: assistantlvcva@visitlasvegas.jp
.

ラスベガス旅行の必須グッズ
”スカイサーフィン”はTVでも快適グッズとして
紹介されました。こちらをご覧下さい。
.
ご購入はWEBオーダメールより連絡下さい。
お待ちしております。
.
ご使用例やご感想はこちらを見て下さい。
.
.
bboard
〒654-0153 神戸市須磨区南落合2丁目1-51
TEL & FAX 078-793-1277
Copy right(c) ECOMAC all rigth reserved
.