sp30sp850sp20
r
ecomark pc1a
.
TOP 海外旅行国別案内 ニューヨークへの旅>  美術館・博物館、図書館
sp210ニューヨーク市を代表する
美術館・博物館、図書館
sp50案内
..
世界最大級の美術館、メトロポリタン・ミュージアム、右は1944年当時の外観.
エコ・クラスクラスでのロングフライトを快適にするカナダ産木製で、表面は絶妙の曲面をした
携帯用フットレストスカイサーフィン...をどうぞ。
高さ調整瞬時に自由自在、足の血行を良くし、ムクミやエコ・クラス症候群対策に好評です。
TVでも携帯用フットレストとして、究極のタイプと紹介されました。こちらをご覧下さい。
1セット:重さ:160g、¥2,900+全国一律送料¥370=¥3,270(全国翌日納入)
ご購入はWEBオーダメールより連絡下さい。
お待ちしております。
.
他のページへジャンプ
.
Google Mapで見る.......ニューヨーク市の主要な観光ポイント
.
他のページは下記のカテゴリークリックして下さい。
.
NoマーカーカテゴリーNoマーカーカテゴリー
主要な空港(3箇所)6
公園、植物園、動物園
(44箇所)
交通関連ポイント(30箇所)7
観光スポット
(41箇所)
博物館、美術館、図書館
(83箇所)
8
エリア(センター・広場・地域)
(57箇所)
主要なビル及び教会等
(26箇所)及び(26箇所)
9
ホテル(45箇所)
主要な公共施設(38箇所) 10
ショッピング
(21箇所)
総合ページニューヨークへの旅に戻る。


.
美術館・博物館、図書館
.
ニューヨーク市の主要な美術館・博物館、図書館を表示しています。
.
ジャック・マーシェ・チベット博物館 (Jacques Marchais Museum of Tibetan Art)
チベット仏教を中心とした仏教美術を集めた美術館です。館内にはチベットの寺院を模倣した部屋もあり、チベット音楽を聞きながら、チベット文化を楽しめます。
ハーバー・ディフェンス博物館 (Harbor Defense Museum)
砦跡地での博物館。1830年頃に作られたフォート・ハミルトン(ハミルトン砦)はニューヨークを守る第三の要塞でした。その跡地に当時の武器や設備その他を博物館として公開しています。
アリス・オーステンの家 (Alice Austen House Museum)
アリス・オーステン(1866 - 1952) はアメリカで最も早く成功した女性写真家です。彼女の住んでいた家が博物館となり、彼女の業績が公開されています。
スタテン島子供博物館 (Staten Island Children's Museum)
子供たちに、とくに自然に対する好奇心、創造性、想像力などを養う機会を与えてくれる博物館です。
ユダヤ子供美術館 (Jewish Children's Museum)
ユダヤの民芸品等を手にとって見ることにより、歴史や文化を理解することができる。
ブルックリン美術館 (Brooklyn Museum of Art)
ニューヨーク市で二番目に大きな美術館。古代エジプト、古典・古代中近東美術、アフリカ美術、太平洋沿岸やアメリカ、アジア美術、装飾芸術、衣装や織物などが常設展示されています。
ブルックリン子供美術館 (Brooklyn Children's Museum)
1899年に設立。世界初の子供博物館で遊具、楽器、睡眠などのテーマ別の部屋などがあり、多彩な内容です。
ニューヨーク交通博物館 (New York Transit Museum)
地下鉄駅(コート・ストリート駅)を再利用して作られた博物館。ニューヨークの地下鉄とバスの歴史に関わる展示をしています。
ブルックリン歴史協会 (Brooklyn Historical Society)
ブルックリンとロングアイランドの歴史を紹介しています。
エリス島移民博物館 (Ellis Island Immigration Museum)
アメリカへ移住を希望する人々の移民管理局(1892年ー1954年)を博物館として展示された。当博物館は、フェリーでリバティ島(自由の女神)の次の停泊地となる。
ニューヨーク市警察博物館 ( New York Police Museum)
1845 年に設立され、ニューヨーク市警察の歴史や貢献を展示している。
フランシス・タバーン博物館 (Fraunces Tavern Museum)
この博物館はニューヨーク市が設立された当事の様子を伝える資料、独立戦争当時を偲ばせる絵画、装飾品などを展示しています。
国立アメリカン・インディアン博物館 (National Museum of the American Indian)
アメリカン・インディアン歴史、暮らし、文学、芸術等の文化を収めている。
スカイスクラパー・ミュージアム(摩天楼美術館) ( Skyscraper Museum)
ニューヨークの摩天楼や建築技術に関する博物館
ユダヤ文化遺跡博物館 ( Museum of Jewish Heritage)
ユダヤに関するアメリカ最大の博物館。2万8000点を超えるコレクションを 誇る。
アメリカ金融博物館 (Museum of American Finance)
アメリカ金融史に関する貴重な資料が展示された、米国内唯一の金融博物館との評判 も。以前は「アメリカ証券歴史博物館 (Museum of American Financial History)」として、Braodwayにあったが2008年1月、ここに移転して、再オープンしました。
フェデラルホール・国定記念館 (Federal Hall National Memorial)
1700年にニューヨーク市の市庁舎として建設された。1789年にはアメリカ合衆国議会最初の議事堂として利用された。現在は記念館
サウス・ストリート・シーポート博物館 (South Street Seaport Museum)
マンハッタン島の発見から現在まで様子を伝える映像や、歴史的に貴重な資料なども多数、ニューヨークの歴史に興味のある方にはおすすめの博物館です。
ロウアー・イースト借家博物館 ( Lower East Side Tenement Museum)
過っての長屋(安借家)だった建物にある博物館。19世紀にアメリカ大陸に 渡ってきた移民の苦難に満ちた生活を再現している。
在米中国人歴史博物館 ( Museum of Chinese in The Americas (MoCA))
MoCAは、西洋各国へ中国の歴史と文化を伝える最初の博物館でした。
新現代美術館 (New Museum of Contemporary Art)
ニュー・ミュージアム・オブ・コンテンポラリー・アート。新進気鋭のアーティストの作品を展示する。建築家の西沢立衛氏らのデザインによる新館は「灰色の幽霊」などと呼ばれて話題を呼んだ。2007年11月30日に移転した。
アメリカ貨幣協会マネー博物館 (American Numismatic Association Money Museum) 
約75万点におよぶコインやメダルのコレクションを展示している。特に、古代ギリシアやローマ時代、そして中国やイスラム世界の貨幣のコレクションもあります。
ニューヨーク市消防博物館 ( New York City Fire Museum)
1904年に消防署として建てられた建物を博物館に再利用。18世紀後半からの消防の歴史や消防道具の展示、そして9.11で犠牲となった消防士のメモリアルなどがあります。
ソーホー子供美術館 (Children's Museum of the Arts)
世界の子供たちの作品が展示してある。何種類かのプレイスペースがあって託児所に近い。
マーチャン・ハウス・ミュージアム (Merchant's House Museum)
1832年建築の裕福な鉄製品商人の邸宅が博物館となっている。当時の家具等から、19世紀末の商人の生活を知ることができる。
ウクライナ博物館 (Ukrainian Museum)
旧ソ連邦第2の国、ウクライナの文化やUSAへの移民 にまつわる工芸品などが展示されている。
ボブスト・図書館 (Bobst Library)
ニューヨーク大学の代表的図書館。地上12階、地下3階のレンガ色をした立方体の巨大なビルである。
フォーブス・マガジン・ギャラリーズ (Forbes Magazine Galleries) at Forbes Building
アメリカの資産家フォーブスの私財コレクションが展示されています。数多くの絵画やおもちゃ、リンカーン大統領の手紙、日本軍の真珠湾攻撃図などが展示されています。
ルービン美術館 (Rubin Museum of Art)
ヒマラヤ山脈周辺のチベットやインドの仏教美術作品に特化した作品が展示されている。
セックス・ミュージアム( Museum of Sex)
人間の生理問題「性」文化をとりあげたユニークなミュージアム、18歳以上が入場可。
F.I.T.美術館 ( Fashion Institute Technology Art Museum)
ニューヨーク州立ファッション工科大学に所属する FIT美術館は各種多彩な服飾、テキスタイル、アクセサリーを展示しています。
チェルシー・アート地区 ( Chelsea Art District)
この一帯はチェルシーのギャラリー地区と呼ばれ、多くのギャラリーや美術館が集まっています。ギャラリー巡りにはお勧めです。
モーガン図書館(Morgan Library)
この図書館は、博物館として有名で、J.P.モルガン(現在のJ.P.モルガン・チェース)の創始者ジョン・ピアポント・モーガンの収集した美術品が常設展示されています。豪華な建物内部は一見の価値ありです。
PS1 コンテンポラリー・アート・センター (P.S. 1 Contemporary Art Center)
P.S.1:パブリックスクール・ナンバー1の略。もう使われなくなった校舎を再利用した美術館。MoMA(NY近代美術館)と提携関係にある。
アフリカン・アート美術館 (Museum for African Art)
1984年にオープン。歴史的および現代的な多様なアフリカの芸術を余すところ無く展示。将来は、5th Av-E 110Stの近くで約9万平方フィート規模の新館ができる予定。
ニューヨーク科学ホール (New York Hall of Science)
1964年の世界博覧会のパビリオンとして建設された。ニューヨークで最も大きな科学館として現在も知的遊び場として多くの人々に親しまれている。年間を通じて楽しめる展示の数はなんと450以上。
クイーンズ美術館 (Queens Museum of Art)
多様な文化から生まれたアートに焦点を当て、マルチカルチャリズムの芸術を紹介するクィーンズ地区の美術館。
クイーンズ・カウンティ・ファーム博物館 (Queens County Farm Museum)
17世紀後半、オランダやイギリスが入植を始めた頃,農業や狩猟生活をみることができます。
..
留意事項:初期画面ではマーカーが重なっています。十分に拡大してご確認下さい。
NY市地下鉄マップこちらを参照下さい。

ホイットニー美術館・フィリップ・モリス分館 (Whitney Museum of American Art at Philip Morris)
グランド・セントラル駅の斜め向かいにある。ギャラリーと彫刻コーナがある。入場無料。120 Park Ave (42nd St)
ニューヨーク公共図書館(本館)(New York Public Library)
米国を代表する図書館の1つで、私立の図書館としては世界屈指の規模を有する。3つの中央図書館に加え、ニューヨーク市内各所に大小合わせて80以上のブランチ・ライブラリー(地域分館)や、研究目的のために公開されている4つのリサーチ・ライブラリー(研究図書館、日本でいう専門図書館にあたる)がある。この本館図書館はその豪奢な建築で観光名所としても知られる。建物は巨大で大理石造り、入口には2匹のライオン(Leo)の像が あります。
国際写真センター(ICP) (International Center of Photography)
1974年にコーネル・キャパにより開設された、アメリカのニューヨークに存在する写真専門の総合施設。いわゆる芸術写真よりも、報道写真系統の色彩が強い。
マダム・タッソーズ蝋人形館 (Madame Tussaud's Wax Museum)
2000年の10月開館。開館から数ヶ月で、ニューヨーク の観光名所の一つになった。同館は1835年にフランス人女性、マリー・グロショルツによってロンドンに開館されたものだが、ここニューヨーク でも人気を博している。一目、人気スターの蝋人形を見ようと長蛇の列ができている。
アメリカ映像博物館(American Museum of the Moving Image)
映像を通してみる芸術、歴史、芸術、映像技術等を展示。大人から子供まで楽しめます。
マウント・バーノン・ホテル博物館 (Mount Vernon Hotel Museum and Garden)
1799年建築、3階建ての立派な総石造りの建屋ですが、当初は馬小屋として使われた。その後、富豪たちのリゾート・ホテルとして改装、利用されていたが1800年代初期の生活を展示する博物館として一般公開された。421 East 61st Street
ペイリー・センター・フォー・メディア (The Paley Center for Media)
(旧テレビ&ラジオ博物館)過去100年近くの間に集められた14万点以上にのぼるテレビ・ラジオ番組、コマーシャル・フィルムのコレクションを誇る博物館です。PCを使って映像を検索することができます。
ニューヨーク近代美術館 (The Museum of Modern = MoMA )
近代美術館設立の構想は、J.D.ロックフェラー2世夫人等、3人の女性によって発案され、1929年に開館した。日本では昭和初期にあたり、早くも前衛美術専門の美術館の設立が構想されていたことは注目される。
ダーヘシュ美術館 (The Dahesh Museum)
ヨーロッパのルネサンス、バロック、ロココ文化などの伝統的なアートをコレクションしています。住所:580 Madison Av
イラストレーション美術館 (Museum of American Illustration)
イラストレーション専門のギャラリーです。Museum of Comic& Catoon Artとも呼ばれます。著名人の表情、絵本の原画など興味深いものがあります。
イントレピッド海上航空・宇宙博物館 (Intrepid Sea, Air& Space Museum)
アメリカ海軍で使用されていた航空母艦イントレピッドを利用した博物館。艦船や航空機の展示を行っている。
カーネギー・ホール・ローズ・ミュージアム (Carnegie Hall Rose Museum)
カーネギー・ホールの100周年を記念してオープンした博物館は、このホールを利用してきた様々な音楽家たちのサイン入りの写真や手紙などのコレクションがあります。
イサム・ノグチ庭園美術館 (Isamu Noguchi Garden Museum)
野口 勇(1904年-1988年)はアメリカ合衆国ロサンゼルス生まれの彫刻家、画家、インテリアデザイナー、造園家・作庭家、舞台芸術家。日系アメリカ人である。彼の業績を称える美術館
アート/デザイン美術館( Museum of arts & design)
もともとは、American Craft Museumだったが、場所と名前を変えて再オープン。デザイン製の高い様々な製品、手作りの工芸品、独創の高いアーティストの作品などを展示。
アジア・ソサイエティ (Asia Society)
アジアとアメリカ合衆国の人々の間の相互理解を目的として 1956年ジョン・ロックフェラー3世によって創設された非営利団体。ニューヨーク本部は美術館も兼ねる。太平洋諸国30カ国の歴史的、近代的美術など幅広いジャンルの芸術が楽しめる。725 Park Avenue (at 70th Street) New York, NY 10021
フリック・コレクション (The Frick Collection)
実業家のヘンリー・フリックの個人的なコレクションを、彼の邸宅だった館で展示している。小規模だがヨハネス・フェルメールの作品を3つ所蔵するなど非常に充実した美術館で、絵画だけでなく彫刻・家具・陶磁器なども所蔵している。
アメリカン・フォーク・アート・ミュージアム ( American Folk Art Museum)
様々なアメリカの伝統工芸品が展示されている。小さな美術館なので、短時間で見て回れる。
ホイットニー美術館 ( Whitney Museum of American Art)
1930年に創設し、1966年にこの地に移転してきた。創設者は彫刻家のホイットニー夫人です。20世紀アメリカンアートを代表するアーティストたち常設展。ビデオなどを駆使した実験的な企画展も多い。
ニューヨーク公共図書館(分館)(New York Public LibraryーB)
ニューヨーク公共図書館の分館の1つ。
ニューヨーク歴史協会 (New-York Historical Society Museum & Library)
1804年に設立された同館は、ニューヨーク市最古の美術館として同市にまつわる歴史的な所蔵品を有する。併設された図書館には歴史的な参考文献が並ぶ。修復工事が行われ、約72億円をかけて、老朽化した建物を改装した。見学無料。
ゲーテ・インスティテュート・ドイツ文化センター(Goethe Institute German Cultural Center=Goethe House)
ドイツ文化復興を目的とした非営利団体。アメリカ国内だけ でもニューヨーク(メトロポリタン美術館の正面にるタウンハウス内にある。1014 5th Ave)、ロス、シカゴなど7カ所ある。
メトロポリタン美術館 (The Metropolitan Museum of Art)
略称:The Met、世界最大級の美術館。1870年に開館。現在では絵画・彫刻・写真・工芸品ほか家具・楽器・装飾品など300万点の美術品を所蔵。全館を一日で巡るのは難しいほどの規模を誇る。
アメリカ自然史博物館 (American Museum of Natural History)
動植物、鉱物など自然科学・博物学に関わる多数の標本・資料を所蔵・公開している科学博物館。「アメリカ自然誌博物館」とも表記される。1869年に設立され、現在、1,200名を超えるスタッフを擁し、毎年100を超える特別野外探査を行っている。
ノイエ・ギャラリー(Neue Galerie NY)
20世紀初頭のオーストリアとドイツの芸術品が中心の美術館。絵画、家具などの調度品、工芸品も含み多くのモダン芸術品が展示されている。
ソロモンR.グッゲンハイム美術館 (Solomon R. Guggenheim Museum)
アメリカの鉱山王・ソロモン・R・グッゲンハイム(1861年 - 1949年)が、ドイツ貴族で画家のヒラ・ヴォン・リベイの協力のもと、現代アートのコレクションを始めた。それらを収蔵したこの美術館として1937年に設立され、1949年に現在の美術館が完成した。
国立デザイン・アカデミー ( National Academy of design)
19世紀初頭にアメリカでの芸術家の育成を目的に作られた国立アカデミー。スクール部門が最初に設立された。美術館部門が管理する19世紀以降のアメリカンアート7000点は国内最大規模。
クーパー・ヒューイット・デザイン博物館 (Cooper-Hewitt National Design Museum)
デザインとデザイン史に関する展示をおこなっている唯一の国立博物館である。 1897年にクーパー・ユニオンの一部として創設され、現在ではスミソニアン博物館群に所属している。通称 "Museum Mile" と呼ばれる通りにある。
ユダヤ博物館 (The Jewish Museum )
ユダヤ人(つまりユダヤ教徒)の宗教生活・文化・所産などを展示する博物館・美術館。
マンハッタン子供博物館 (Children's Museum of Manhattan)
館内には、子ども達の興味をひく70以上の色とりどりな体験型展示物が所狭しと並べられています。子ども達の空想力、想像力を高め、夢を与えます。
ニューヨーク市立博物館 (The Museum of the city of New York)
ニューヨークの歴史に関する博物館。植民地時代から現代までのニューヨークの歴史にかかわるコレクションが充実し、写真や絵画を通して、さまざまな切り口からニューヨークの街が紹介されている。大富豪として知られたロックフェラーの部屋も移築されている。
エル・ムセオ・デル・バリオ (El Museo del Barrio)
プエルトリコを中心にメキシコなど、中南米諸国の絵画、彫刻、文学、映画、音楽などの文化芸術が展示されています。北米で唯一の中南米関連の美術館。1969年に設立。
ニコラス・レーリッヒ美術館 (Nicholas Roerich Museum)
ロシア生まれの画家、思想家、詩人、探検家、平和運動家。ニコラス・レーリッヒの油絵やプリント画などを約200点ほど展示しています。そのほかピアノの演奏なども行われています
ハーレム・スタジオ美術館 (Harlem studio museum)
最先端のブラックアートを体験出来るハーレムの美術館。絵画だけでなく、写真や版画、彫刻など多彩な展示も魅力です。
ニューヨーク公共図書館(分館)(New York Public Library-B)
ニューヨーク公共図書館の分館の1つ。
ジェネシス II ミュージアム・オブ・インターナショナル・ブラック・カルチャー ( Genesis II Museum of International Black Culture)
アフリカの黒人文化、芸術を展示しています。
ブロンクス美術館 (Bronx Museum of Art)
20世紀と現代の美術が中心だが、エスニックな多様性を反映し、アフリカン、ラテン、そしてアジアンアメリカンの作品を主に扱っています。住所 : 1040 Grand Concourse at 165th St
ヒスパニック・ソサイエティ・オブ・アメリカ (The Hispanic Society of America)
スペインとポルトガルに関する芸術と文化を伝えることを目的に、1904年に創立された。施設。彫刻、絵画、陶磁器、文学作品などが収蔵されており、メインギャラリーにはエル・グレコ、ゴヤの絵画のほか、初期の地中海美術、モザイク壁画なども見られる。
モリス・ジュメール邸博物館 (Morris-Jumel Mansion Museum)
1765年に建築された。1776年、独立戦争のハーレム・ハイツの戦いの際、ジョージ・ワシントンが総司令部として利用した。その建物が現在、博物館として保存されています。
アメリカ偉人殿堂 (Hall of Fame for Great Americans)
1900年にニューヨーク大学によって設立された。現在はブロンクスのコミュニティ・カレッジにあって殿堂入りした偉人たちの銅像や功績を称える資料が展示されています。
エドガー・アラン・ポー・コテージ (Edgar Allan Poe Cottage)
波乱な人生を送った小説家、詩人、雑誌編集者のエドガー・アラン・ポー(1808-1849)の作品を展示している。
クロイスターズ美術館 (The Cloisters Museum & Gardens)
メトロポリタン美術館の別館として1930年代に建築が開始され、1938年に開館、収蔵されているのは西洋中世美術品ならびに建築関連である。
ダイクマン・ファームハウス博物館 (Dyckman Farmhouse Museum)
ジャン・ダイクマン(Jan Dyckman)が17世紀にドイツから移民して住み着き、農牧をしながら生活した。農家の暮らしを再現した「農家博物館」です。
バートゥ・ペル・マンション博物館 (Bartow-Pell Mansion Museum)
歴史的な古い邸宅の中でも最も美しいロケーションにあるマンション博物館。
バレンタイン-バリアン・ハウス (Valentine-Varian House)
1758年に建てられた美しい石造りの農家では、当時の入植者たちの生活を色濃く残しています。博物館として残されました。
ヴァン・コートランド邸博物館 (Van Cortlandt House Museum)
初代大統領ジョージ・ワシントンが独立戦争の際に使用していた建物が博物館として保存されています。入場料:大人5ドル。
留意事項:初期画面ではマーカーが重なっています。十分に拡大してご確認下さい。
NY市地下鉄マップこちらを参照下さい。
.
bboard
〒654-0153 神戸市須磨区南落合2丁目1-51
TEL & FAX 078-793-1277
Copy right(c) ECOMAC all rigth reserved
.