sp30sp850sp20
r
ecomark pc1a
.
TOP 海外旅行国別案内 ニューヨークへの旅> 主要な公園、植物園、庭園
sp150ニューヨーク市
を代表する
主要な公園、植物園、庭園
sp50案内
写真はセントラル・パークの一風景
エコ・クラスクラスでのロングフライトを快適にするカナダ産木製で、表面は絶妙の曲面をした
携帯用フットレストスカイサーフィン...をどうぞ。
高さ調整瞬時に自由自在、足の血行を良くし、ムクミやエコ・クラス症候群対策に好評です。
TVでも携帯用フットレストとして、究極のタイプと紹介されました。こちらをご覧下さい。
1セット:重さ:160g、¥2,900+全国一律送料¥370=¥3,270(全国翌日納入)
ご購入はWEBオーダメールより連絡下さい。
お待ちしております。
.
他のページへジャンプ
.
Google Mapで見る.......ニューヨーク市の主要な観光ポイント
.
他のページは下記のカテゴリークリックして下さい。
.
NoマーカーカテゴリーNoマーカーカテゴリー
主要な空港(3箇所)6
公園、植物園、動物園
(44箇所)
交通関連ポイント(30箇所)7
観光スポット
(41箇所)
博物館、美術館、図書館
(83箇所)
8
エリア(センター・広場・地域)
(57箇所)
主要なビル及び教会等
(26箇所)及び(26箇所)
9
ホテル(45箇所)
主要な公共施設(38箇所) 10
ショッピング
(21箇所)
総合ページニューヨークへの旅に戻る。


主要な公園、植物園、動物園
NY市地下鉄マップこちらを参照下さい。
ウォルフス・ポンド、ビーチ&パーク (Wolfe's Pond Beach & Park)
スタテン島での最大の公園。広さ170エーカーの公園で海上、陸上の活動を楽しむことができます。海では遊泳、ボート、釣り(淡水)が楽しめ、陸上ではウオーキング、ジョギングやピクニック、キャンプなどができます。スタテン島フェリーからはS78番バスにて「Hylan Boulevard」下車。約40分。
クレイ・ピット・ポンド (Clay Pit Ponds)
スタテン島の南西で、広さ260エーカーの変化に富む地形をもつ州立公園。小川、野原、林、湿地では多くの動植物が生息しています。自然と共生していくための教育現場でもあります。スタテン島フェリー・ターミナルからはS74番バスで「Sharrotts Road」下車。約45分。
ラ・タレット・パーク(La Tourette Park )
スタテン島のいわゆる「グリーン・ベルト」に位置する公園です。中心にある、125エーカーの土地には18ホールのゴルフ・コースが設けられています。このグリーン・ベルトは約455エーカーの広さがあり、森林地域です。冬には丘陵地でスキーやソリを楽しむことができます。フェリー・ターミナルからはS74番のバスを利用し所要時間40分ほどでRichmond Hill Road下車となります。
クローブ・レイクス」・パーク(Clove Lakes Park)
スタッテンアイランドにあり、191エーカーの広さがある。公園内は4つの池が小川でつながって、池はボートで行き来することができる。また冬にはスケートリンクになる。遊歩道も完備されており、散策を楽しむこともできる。フェリー・ターミナルからは62番のバスで約20分ほど、「Victory Boulevard and Clove Road」下車。
シルバー・レイク・パーク(Silverlake Park)
スタテン島にある広大なスポーツ公園。マンハッタン島のセンタラル・パークを似せてつくられた。209エーカーの敷地に18ホールのゴルフ場、テニスコート、ローラー・ブレード、サッカー場等があるスポーツ公園です。また休日には多くの人々が日光浴、森林浴、ピクニックなどを楽しみます。フェリー・ターミナルからは62番のバスで10分ほどのロケーションです。
ジャマイカ湾野生生物保護区(Jamaica Bay Wildlife Refuge)
J・F・ケネディー国際空港の南西に広がるジャマイカ湾は、その大半がWild Life Refugee(野生動物保護区)に設定されている。大都市圏にある野生動物保護区としてはアメリカ最大。9,000エーカー(364平方キロ)の広さで、市中から地下鉄に乗って来れる。
プロスペクト・パーク(Prospect Park)
ブルクリン地区の中心にあり、都会のオアシスと言われる、585エーカの公園。90エーカの及ぶ長い湿地帯、そして60エーカの池や地区唯一の森林は訪れる人々をいやします。また、公園内には動物園もあり、絵画フェスチバル等のイベントも開かれます。
ブルクリン植物園(Brooklyn Botanic Garden)
約100年の歴史があり、大都会のオアシスとなっている。52エーカーの敷地に、1万種類もの花々が、バラ園、日本庭園、桜街道、ハーブガーデンなどに配置され、オールシーズンで訪問者を楽しませます。特に、桜の季節では、花の美しさはポトマック河畔に勝るとも劣らないと言われる。マンハッタンのミッドタウンから地下鉄で約30分で訪問できっます。
フォレスト・パーク (Forest Park)
JFK国際空港の北側約5Kmにあるこの公園はクイーンズ地区市民の憩いの場所です。公園内にはゴルフコース、乗馬コース、野球場などがあり、各種コンサート、芸術イベントなど様々なイベントも行われています。豊かに茂る樹木の中ではバードウォチングも楽しめ、休日には森林浴、ジョギングのための訪問者が多い。
フラッシングメドウ・コロナ・パーク( Flushing Meadows Corona Park)
クイーンズ区北部、フラッシング地区に位置する公園。もともとはごみ処分地であったが、1939年のニューヨーク万国博覧会会場に改造し利用された。その後公園として運営され、公園の面積は約508haで、ニューヨーク市の公園としてはブロンクス区のペルハム・ベイ・パークに次いで広い。公園の管理・運営にはニューヨーク市公園・レクリエーション局があたっている。
バッテリーパーク(Battery Park)
マンハッタン島の最南端は19世紀の初頭に土地拡張のため埋め立てられ、今のバッテリーパークとなった。公園の前のハドソン川には、自由の女神があるリバティ島や移民局があったエリス島が浮び、観光スポットとなっている。一年中屋台や大道芸などでにぎわっています。
ボウリング・グリーン(Bowling Green)
埋立地のバッテリー・パークができる前は、マンハッタンの最南端がこのボウリング・グリーンであった。またここの小さな緑地帯はボーリング・グリーン・パークとも呼ばれ、NY最古の公園である。1733年に設立。NY地下鉄の最南端駅はボーリンググリーン駅(Bowling green station)である。
シティ・ホール・パーク (City Hall Park )
シティ・ホール(City Hall)辺りの行政エリアは緑地帯となり、シティ・ホール・パークとなっている。
スウォード・パーク(シュアード・パーク) ( Seward Park)
1849-1861に活躍したニューヨーク選出の国会議員 William Henry Seward から命名された。ニューヨーク最古のプレイグランドといわれています。
コロンブス・パーク(Columbus Park)
1897年のオープンした。アメリカを発見したといわれたクリストファー・コロンブスの名前にちなんで命名された。都市内公園として、最古の公園。 Baxter (formerly Orange), Worth (formerly Anthony), Bayard, and Mulberry Streetsに囲まれています。
デュエイン・パーク(Duane Park )
ハドソン通りとデュアン通りが交叉すところにある小さな公園。ニューヨーク市内の都市公園として、2番目に古い公園。1797年に設立された。
ワシントン・マーケット・パーク ( Washington Market Park )
TriBeCaの近くにある小さな公園。6,500m2の広さを持つ都市内公園。コニュニティーガーデンとして多くのイベントが行われる。1983年4月にオープン。
サラ・D・ルーズベルト・パーク(Sara D Roosevelt Park)
E. Houston St. To Canal St. bet.ween Chrystie St. and Forsyth St.に囲まれた細長い公園。近くの住民のみならず、観光客の憩いの場所となっています。
ハミルトン・フッシュ・パーク ( Hamilton Fish Park)
オリンピック競技も可能なほどのスイミングプールを主体とした公園。ローイーストサイドのほとんどの住民がこのプールを利用している。その他、バスケットボール、ハンドボール、フィットネスクラブ等の施設がある。
トンプキンス・スクエア・パーク(Tompkins Square Park)
1850年設立。1807ー1817にニューヨークの知事を務めたダニエル・D.トンプキンス(副大統領にもなった)から命名された。1900年代には、ストライキデモ、反戦デモ等デモ隊の集合場所として使われた。
ワシントン・スクエア・パーク ( Washington Square Park)
1871年設立。ニューヨーク市にある約1900の公園の中で最もよく知れれた公園。北の入り口には大きなアーチ門がある(1892年設立)。周辺にはニューヨーク大学のキャンパスがある。面積:9.75エーカ(39,500m2)
クリストファー・パーク ( Christopher Park)
1633-1638当時はこの地区は、オランダ人の軍人が所有すらタバコ栽培地であった。所有者の死去に伴い、土地分割が起こり、この三角の土地を所有したのはCharles Christopher Amosで、その後、彼の名前をつけた公園となった。市民や観光客の憩いの場所である。
スタイヴェサント・スクエア・パーク ( Stuyvesant Square Park)
この公園の歴史は、17世紀の中ごろにオランダ人の入植が始まり、指揮官であった、Peter Stuyvesantに由来する。彼の子孫が所有していた土地は1836年にニューヨーク市に売却されて、この公園となった。
ユニオン・スクエア・パーク(Union Square Park)
設立:1882年。地下鉄ニューヨーク14ストリート駅にある階段を上がってすぐの場所にある。市民、観光客の憩いの場として広く利用されている。周辺にはニューヨーク市立大学バルーク校やアートスクール、ニューヨーク大学などの有名大学機関があり、一ブロック丸々治まる地域には多くの売店やバザー立ち並んでいる。
グラマシー・パーク (Gramercy Park)
グラマシーパークはマンハッタン地区に残る唯一の私有庭園である。一年に一度だけ一般公開されるが、その他の時期は、近辺の住人でパークの鍵を持つ者だけが中に入ることを許される。公園の周辺には19世紀から20世紀初頭に建てられたタウンハウスやアパートが立ち並び、グラマシー・パーク歴史地区(Gramercy Park Historic District)に指定されている。パークは1831年に湿地帯を利用して作られた。
マディソン・スクエア・パーク ( Madison Square Park)
1847年に設立。公園の名は第4代アメリカ合衆国大統領ジェームズ・マディソンに因む。広さは25,000平方メートル(6.2エーカー)。この公園はマンハッタンで最も楽しめる公園の一つとして改めてその存在感があります。
ヘラルド・スクエア ( Herald Square )
斜めに走るブロードウェイと南北に走るW34stとW35stの交差でできる小さな公園。2009年にブロードウェイは自動車の通行を止めて、イスやテーブルを置いて歩行者天国広場にした。近くには百貨店メイシーズの旗艦店がある。過ってはこの周辺には新聞社が集中していた、ヘラルド"はニューヨーク・ヘラルド紙の名前からきた。この新聞社は合併などで現在は存在しない。
ブライアント・パーク(Bryant Park)
グランド・セントラル駅とタイムズ・スクエアとの中間にある。ミッドタウンのオフィスビルに囲まれ、緑の多いこの公園は周辺の企業に勤める人や観光客の憩いの場となっている。またここでは定期的にコンサートなど色々なイベントが行われている。ニューヨーク公共図書館がこの敷地内にある。
グランド・アーミー・プラザ・マンハッタン( Grand Army Plaza Manhattan)
セントラルパークの南東にあるメイン入り口には、南北戦争の英雄シャーマン将軍(General William Tecumseh Sherman)の銅像が立つ。一方、ブルックリンのプロスペクトパークにもグランド・アーミー・プラザがあります。こちらは凱旋門のような感じ。混同しやすいです。
セントラル・パーク動物園(Zoo)
19世紀後半、ニューヨークの発展と共に、保護を必要とする野生動物ふえてきた。自然発生的に生まれたセントラルパーク動物園は本来、地元の野鳥や動物達を保護する施設であった。その後は商業用動物園としても発展していった。
セントラルパーク(Central Park)
1859年開園。マンハッタンのオアシスとも言われる都市公園。南北4km、東西0.8kmの広さがある。公園の中にいると、まるで大自然の中にいるように錯覚にひたります。高度に計算された造園技術によって、いくつかの湖、2つのアイススケートリンク、各種スポーツ用の芝生のエリア、自然保護区、そしてそれらを結ぶ低位置の遊歩道などが配置されている。公園内は自動車での通行が禁止。
ソクラテス彫刻公園 (Socrates Sculpture Park)
1986年、ブルクリン北部の埋立地でごみ処分場であった海辺の一角は都市計画によって、屋外の彫刻美術公園として改装された。屋外博物館としても注目されるようになると、各方面から芸術家志望の人々が集まるようになり、いまでは、宿泊施設付きの美術教育や職業訓練なども行われている。
ライトハウス公園(Lighthouse Park)
イーストリバーに浮ぶ島、ルーズベルト島は、ニューヨーカー達にとって、喧騒なマンハッタを忘れさせる憩いの島です。この島の最北にあるのが、ライトハウス公園(Lighthouse Park) いわゆる、灯台公園、四季折々の植物を楽しむことができます。
カール・シュルツ・パーク (Carl Schurz Park)
イースト・リバー沿いにある知る人ど知る小さな公園。地元ニューヨーカー達の憩いの場所。公園の北の入り口にある歴代市長の公邸、グレイシー邸の方が有名かも。
センントラルパーク・コンサバトリー・ガーデン ( Central Park Conservatory Garden)
セントラルパークの最北端近くにあるこぎれいな庭園、コンサバトリーガーデン(Conservatory Garden)は直訳:「温室庭園」、意訳:「ヨーロッパ式庭園」と言われます。園は南北方向で仕切られ、北庭園は フランス様式、中庭園はイタリア様式、南庭園はイギリス様式に別れ、四季折々の花が咲き、緑の芝生や噴水は訪問者を和ませます。 19世紀の鉄道王、ヴァンダービルト家が所有した庭園。鋳鉄製の正門は歴史を感じさせます。
リバーサイド・パーク( Riverside Park )
マンハッタンの西端、ハドソン川沿いの58丁目から156丁目まで続くとても長い公園になってます。58丁目以南でハドソン・リバー・パークともつながる予定。
マーカス・ガーベイ公園(Marcus Garvey Park)
黒人民族主義の指導者、ジャーナリスト、企業家。世界黒人開発協会アフリカ会連合(UNIA-ACL)の創設者、ジャマイカの国民的英雄である、マルクス・ガーベイ(1887-1940)の功績を称えてつけられた。公民館のような建物の中には集会室やフィットネスルームがあり、外には野外音楽堂やプールもあります。150年以上ハーレムの人々に愛されてきた歴史 ある公園で、豊かな緑と大きな岩をつかったダイナミックな造形が魅力である。
セント・ニコラス・公園(Saint Nicholas Park)
ニューヨーク市の公営公園。マンハッタン区ハーレムにありハミルトン・ハイツとマンハッタンヴィルが交差する地区に位置する。広さはおよそ93,000 m²。有名なシェパード・ホールを含むニューヨーク市立大学シティ・カレッジのキャンパスの多くはセント・ニコラス・テラスを挟んで隣接している。樹木の豊かな公園で、施設としてバスケットボールコート、遊び場、ウォールハンドボールコート、ドッグパーク、バーベキュー場が備えられている。
ブロンクス動物園(Bronx Zoo)
ブロンクス地区にあるアメリカでも有名な動物園です。この動物園は1899年に開園し、野生生物保護協会(WCS)により運営されています。265エーカーという広大な敷地に、世界中の約650種4000匹の動物が飼育されており、世界最大の動物園の1つである。
ニューヨーク植物園 (New York Botanical Garden)
ブロンクス区のブロンクス公園内に所在する植物園。1891年に設立された。植物園一帯の土地はタバコ会社の所有者、ピエール・ロリラードらの、ロリラード家の所有地であったのをニューヨーク市が動物園、植物園の設立のために買収した。世界でも先端的な植物学研究所があり、総面積は250エーカー、年間を通して大規模な展示会やフラワーフェスティバルが開かれ、年間80万人が訪れている。
フォート・トライオン・パーク (Fort Tryon Park )
マンハッタン島の北部にある、美しく整備された大きな公園で、当島では一番高い位置にある。この公園の展望台からはジョージ•ワシントン•ブリッジ、ハドソンリバーと対岸のニュージャージーをみることができます。中世美術を所蔵するメトロポリタン美術館の分館、クロイスターズは、観光客に人気のスポット。最寄駅は地下鉄Aトレインで191St.駅下車。
インウッド・ヒル・パーク(Inwood Hill Park)
マンハッタンの北端近くにあり、自然林が楽しめる公園。大都会の喧騒を忘れ、ここでの森林浴は心身の疲れを癒します。ヨーロッパ人がやって来る前には、インデアン系原住民がここで暮らしていた痕跡が発見されている歴史的な場所。ハイキング用の小道、子供向けの遊技場、バーベーキュー用の場所など、市民が公園を楽しめる様に工夫されている。
ペラム・ベイ・パーク (Pelham Bay Park)
ブロンクスの北東端に位置し、ニューヨーク市最大の公園でセントラル・パークの3倍もの広さがある。ここでは古いプランテーションの屋敷や、ラグーンなどニューヨーク市の持つイメージとは程遠い。マンハッタンからは約1時間はかかり、時間に余裕がある方にはお勧めです。範囲は下図、緑の部分。
ブルックリン橋公園(Brooklyn Bridge Park)
公園の拡張工事が行われています。
. .
留意事項:初期画面ではマーカーが重なっています。十分に拡大してご確認下さい。
NY市地下鉄マップこちらを参照下さい。

.
bboard
〒654-0153 神戸市須磨区南落合2丁目1-51
TEL & FAX 078-793-1277
Copy right(c) ECOMAC all rigth reserved
.