sp30sp850sp20
r
ecomark pc1a
.
TOP 海外旅行国別案内 ニューヨークへの旅> ,エリア(センター・広場・地域)
sp150ニューヨーク市
を代表する
エリア(センター・広場・地域)
sp50案内
..
ハーレム地区にある、100年以上前の高級住宅”Strivers Row”(1891-1893築)。
入り口には「Private Road ,Walk your horses」(私有地につき、馬を歩かせて下さい。)などと書かれている。
エコ・クラスクラスでのロングフライトを快適にするカナダ産木製で、表面は絶妙の曲面をした
携帯用フットレストスカイサーフィン...をどうぞ。
高さ調整瞬時に自由自在、足の血行を良くし、ムクミやエコ・クラス症候群対策に好評です。
TVでも携帯用フットレストとして、究極のタイプと紹介されました。こちらをご覧下さい。
1セット:重さ:160g、¥2,900+全国一律送料¥370=¥3,270(全国翌日納入)
ご購入はWEBオーダメールより連絡下さい。
お待ちしております。
.
他のページへジャンプ
.
Google Mapで見る.......ニューヨーク市の主要な観光ポイント
.
他のページは下記のカテゴリークリックして下さい。
.
NoマーカーカテゴリーNoマーカーカテゴリー
主要な空港(3箇所)6
公園、植物園、動物園
(44箇所)
交通関連ポイント(30箇所)7
観光スポット
(41箇所)
博物館、美術館、図書館
(83箇所)
8
エリア(センター・広場・地域)
(57箇所)
主要なビル及び教会等
(26箇所)及び(26箇所)
9
ホテル(45箇所)
主要な公共施設(38箇所) 10
ショッピング
(21箇所)
総合ページニューヨークへの旅に戻る。


エリア(センター・広場・地域)

ガバナース島(Governor's Island)
ガバナーズ島はマンハッタン島の南のニューヨーク湾にある。2003年1月に国から州および市へ1ドルで売却され、一般に開放されて、現在ではマンハッタン島南端のバッテリー・パークからフェリーが運航されている。イギリス植民地時代の総督の保養地であり、独立戦争では対英軍のための要塞、南北戦争では南軍の捕虜収容所であった。
エリス島(Ellis Is)
この島には、1892年から1954年の間移民局があり、アメリカを目指してやってきた人々の玄関口であった。その間約62年間の移民は1200万人。その移民局は現在、「エリス島移民博物館 Ellis Island Immigration Museum」として、移民の人々の家財、写真などを展示しています。自由の女神像が立つリバティ島に近接した小島。
ブルックリン・ハイツ・プロムナード(Brooklyn Heights Promenade)
メトロでブルックリンのClark.St下車し、イースト・リバー沿いにあるブルックリンハイツ・プロムナード(遊歩道)を、対岸の美しいマンハッタン高層ビル群を眺めながら散策することができる。遊歩道には、ベンチが設置されており休みながら散策できる。
ダンボ・アート・センター(Dumbo Arts Center)
マンハッタン・ブリッジの橋のたもとにあるダンボ・アート・センターでは、駆け出しのアーティストから中堅クラスまでの作品が展示されています。アドレス:111 Front St., Brooklyn、マンハッタンから地下鉄FのYork St.駅下車。バスB62
ウォール街(Wall Street)
マンハッタンの南端にあり、ブロードウェーからイースト・リバーに至る約6Kmの街路。この名前は、1600年の初頭、植民者オランダ人を先住民(アメリカ・インディアン)や外敵から守るために築いた板製の防壁に由来するといわれている。この付近には、ニューヨーク証券取引所等がありアメリカ金融・証券市場の中心地となった。
ボウリング・グリーン(Bowling Grean)
マンハッタンの南部にあるボーリンググリーンには、NY最古のボーリンググリーン公園、地下鉄の駅”ボーリンググリーン駅”があり、駅のホームから外に出ると遠く自由の女神を望めるバッテリーパークが広がる。埋立地のバッテリーパークができる前はボーリンググリーンが最南端であった。
チャージング・ブル(Chrging Bull)
牛の銅像。1989年12月。歴史的暴落をしたニューヨーク株式市場を元気づけるため、ニューヨーク在住のイタリア系アメリカ人アーティスト、Arturo Di Modicaさん自費製作した。
グランド・ゼロ(Grand Zero)
マンハッタン島の南端、Sept,11の悲劇となったエリア。ワールドトレードセンター慰霊地。現在は再建中。
チャタム・スクエア(Chatham Square)
チャイナタウンにあり、7 つの通りの合流地域。1800年代は家畜の青空市場であっら。
チャンバー通り(Chambers St)
ブルックリン・ブリッジから、南部マンハッタンに入り西方向に行くときによく利用される。チャンバーズ・ストリートの名は、トリニティ教会の重要な教区民であるジョン・チャンバーズからきている。
トライベッカ・パフォーミング・アーツ・センター(TriBeCa Performing Arts Center)
このセンターでは音楽公演のみならず、映画祭、各種の展示会、イベントが行われます。
トライベッカ (TriBeCa)
Tribeca(トライベカ)とは、Triangle bellow Canal Street、つまり、「キャナル・ストリートの下の三角形」という意味。北:Canal Street、西:Hudson River、南:Chambers St,そして東、Broadwayに囲まれた、実際は多角形地帯ということになります。
チャイナ・タウン( Chinatown)
1870年ごろから移民してきた中国人やイタリア人が住み着いてできた街。チャイナ・タウンの勢いが強い。チャイナ・タウンには約 200軒のチャイナ系レストランがある。特にモット・ストリートは賑やか。
リトル・イタリー(Little Italy)
1900-1910年頃に多くのイタリア人がUSAに移民した。1910年頃マンハッタンではチャイナタウンをしのぐ勢いがあったが、1920年ごろから始まった、移民制限政策によって縮小し、現在のエリアに留まっている。、リトル・イタリーには約 40軒のイタリア系レストランがある。
セントジョンズ・パーク(St Jonn's Park)
トライベッカ 地区にある小さな公園、1600年の初頭につくられた。ホーランドトンネルの出口ターミナルともなっている。
ソーホー(SOHO)
マンハッタン島南部(ダウンタウン)にある地域である。芸術家やデザイナーが多く住む町として知られ、1970年代ごろに登場した。近年は高感度な高級ブティック・レストラン街となっている。ソーホーという地名は、ハウストン通りの南(South of Houston Street)という意味。範囲は、北はハウストン通り(Houston St)、東はラファイエット通り(Lafayette St)、南はキャナル通り(CanalSt)、西はウェスト・ブロードウェー(W-Broadway)に囲まれた地域。
アルファベット・シティー(Alphabet City)
マンハッタンのロウアーイーストサイドとイースト・ヴィレッジの間にある地域である。'Lower East Side'のスペイン語風にLoisaidaとも呼ばれることもある。
イースト・ビレッジ ( East Village)
マンハッタン南西部、ウエストビレッジの東から、イーストリバーに至る地域の名称である。かつて、1990年代初頭までは治安も悪く、中心部にあるトンプキンス・スクエアでは麻薬取引などが横行していた。90年代半ば頃から行われたジェントリフィケーションにより、現在では若者向けの「ヒップな街」に生まれ変わりつつある。
セント・マークス・プレイス ( St. Mark's Place)
今でも残る8th St.の別名。セント・マークス・プレイス:聖マークス広場とも呼ばれる。ここは、”リトル・ジャパン”と思わせるほど、日本語表記の看板が次々と現れ、ジャパニーズ・レストランや日系スーパーマーケット、ヘアサロンや洋服屋さんなど、日系のお店が多く存在しています。
クーパー・スクエア(Cooper Square)
パワリー通り(Bowery Av)が3th Avと4th Avに分岐するところにある3角形広場
NOHO
Noho(North of Houston Street)はSOHOの北に位置し、ハウストン街の北部。若い芸術家などが集まる。
アスター・プレース(Astor Place)
ブロードウェイからE8th Stに繋がる斜めのとおり。
スタイヴェサント・スクエア( Stuyvesant Square )
イーストリバー沿いのスタイヴェサント・タウンにある。
ユニオン広場(Union Square)
ブロードウェイ(Broadway)とパークアベニュー(Park Ave)及びマンハッタンの14丁目から17丁目が交わる場所に位置する広場&公園。ユニオン・スクエア 14丁目の中心に、地下鉄3駅があります。
グリニッチビレッジ( Greenwich Village)
ニューヨークマンハッタン区の南部 ( ダウンタウン) にある地区の名称。北は14Street、南はHouston Street、東はThe Boweryと4th Avenue、そして西はHudson川に囲まれたエリアです。
ミートパッキングエリア(Meatpacking District)
マンハッタンの8th Avと10th Av及び12丁目から14丁目の間にあるエリアはもともと、精肉工場が多く、今でも肉の卸売業者が商売をする地区で、ミートパッキングエリアと呼ばれた。 近くのグリニッジ・ビレッジに対抗して、新たな街つくりがすすめられています。
チェルシー歴史地区(Chelsea Historic district)
マンハッタンの19~23Stと8~10Aveに囲まれたエリアはチェルシー歴史保存地区と呼ばれ、19世紀に建てられた赤いレンガの古い建物や住宅が並びます。
コリア・タウン(Korea Town)
韓国からUSAへの移民は1903年に始まり、1965年に移民解禁となると移民数は激増した。現在の在米韓人数は約200万人に達する。近年、マンハッタン32Stで、5番街ーブロードウェイ間を中心に韓国系企業やレストランが多数出現しコリア・タウンとなった。ただし、韓国人居住者が多いのはクイーンズ地区である。
グリーリー・スクエア(Greeley Square)
グリーリー・スクエアは6番街とブロードウエー及び32丁目と33丁目の間にできる3角形のエリア。周辺はかつて新聞社が集中していた場所で、"グリーリー"は、ニューヨーク・トリビューン紙の発行者の名前からとられている。両紙とも合併などを経て現在は存在しない。
ヘラルド・スクエア(Herald Square)
ヘラルド・スクエアは6番街とブロードウエー及び34丁目と35丁目の間にできる3角形のエリア。周辺はかつて新聞社が集中していた場所で、"ヘラルド"はニューヨーク・ヘラルド紙の名前に由来する。この新聞社は合併などを経て現在は存在しない。
マディソン・スクエア・ガーデン(Madison Squae Garden)
マンハッタンのw31st~w33Stと8th Av~Fashion(7th)Aveに囲まれたエリア。ペン駅と共用している。
チェルシー・ギャラリー・地区(Chelsea Gallery District)
チェルシーのギャラリー地区は昔の倉庫街、天井の高い建物はギャラリー向き、多くのアーティストのアトリエやギャラリーに変わっていった。メジャな場所は、『11~7Aveの間の22~25丁目まで』。
ガーメット地区(Garment District)
7番街、37丁目から38丁目にかけてのガーメント・ディストリクトがある。この地区は、世界のファッションの首都として、ファッション産業が盛んで、有名なファッションデザイナーが本拠地としており、通りは「ファッション・アベニュー」とも呼ばれる。
タイムズ・スクエア (Times Square)
ブロードウエーと南北に伸びる主要道、7番街の交差するエリアにあるマンハッタンきっての繁華街。43Stとの交差点にある所はワン・タイムズ・スクウェア(One Times Square))と呼ばれ、カウントダウンのイベントで有名。対面(北側)にある、47Stとの交差点はツ・タイムズ・スクエア (Two Times Square)。尚、タイムズ・スクエア は地域名称で、東西は6番街から9番街まで、南北は39丁目あたりから52丁目あたりに広がり、厳密な境界はありません。
ロックフェラーセンター( Rockefeller Center)
マンハッタンの中心部ともいえる48番街と51番街の22エーカーの土地に、19の商業ビルが四方に建ち、各ビルの低層階はひとつの建物として繋がっている。一番大きいのは、高さ259m、70階建てのGEビルディングである。ジョン・D・ロックフェラーによって1930年から建設されはじめたが、大恐慌の影響などで、全て完成したのは9年後の1939年であった。
ヘルス・キチン(Hell's Kitchen)
英語訳:「地獄の台所」、元は「クリントン地域」と呼ばれていた。19世紀半ばよりの産業発展期の中心地でであったが、ギャング団が住み着くようになり、「アメリカ大陸でもっとも危険な地域」と呼ばれ、その治安の悪さからこのような名で呼ばれるようになった。ポート・オーソリティ・ターミナルの西側地区などの一帯、34St から57Stまでと、8th Avからハドソン川までの区域。
シエター地区(Theatre District)
劇場、映画館、レストラン、ホテル、娯楽施設、ほとんどのブロードウェイ・シアターが位置する、ミッドタウン・マンハッタンの一地区である。この地区は、40stから54st、6th Avの西から8th Avの東まで及び、タイムズスクエアを含んでいる。
5番街の雑貨店(5th Avenue botigues)
5番街で雑貨店が多いところといえば、55stから59stあらりも多い。
ルーヅベルト島(Roosevelt Island)
イーストリバーに浮ぶ細長い島。多様な民族の住宅や病院が多い。名前は、セオドア・ルーズベルト大統領に由来する。
パーク・アベニュー(Park Avenue)
マンハッタンのほぼ中央を南北にあるとおり。マディソン・アベニューの東隣。
マディソン・アベニュー(Madison Avenue
マンハッタンのほぼ中央を南北にあるとおり。5番街とパークアベニューの間。
グランド・アーミー・プラザ(Grand Army Plaza)
セントラルパーク入り口には南北戦争を戦った騎馬兵の像がそびえ立ちます。 ここは園内を巡る馬車の発着場に なっています。同名のプラザはブルックリン地区のプロスペクトパークにもある。入り口の凱旋門をいう。
パーク・アベニュー・アーモリー(Park Avenue Armory)
パーク・アベニューでE66st-E67stにある。1877年から1881年のあいだに建てられた州兵施設(兵器庫)だった場所。この大きな建屋を利用して、立体的作品が展示さて、訪問者は中に入ったりして、体験的鑑賞ができる。
コロンバス・サークル(Columbus Circle)
円形広場の中心にはコロンブスの像があり、広場の周りを車道が取り囲む 円形交差点になっている。
タイムワーナーセンター(Time Warner Center)
セントラル・パークのちょうど南西コーナーには、コロンバス・サークルと呼ばれている広場があり、その西隣にタイム・ワーナー・センターという巨大なビルがあります。2004年の2月オープン。オフィス(TV局のCNNのスタジオなどあり。)、住宅(高級コンドミニアム)、各種ブランドのリテール・ストア、(超)高級レストランなどが入ってます。
レキシントン・アベニュー(Lexington Avenue)
マンハッタンを南北に横断する通り。3thAvとパーク・アベニューの間にある。車道は南方向への一方通行で、北側21丁目からはじまる。。「レキシントン」の名は独立戦争時のレキシントンの戦いに因む。
リンカーン・センター ( Lincoln Center)
総合芸術施設。劇場や、コンサートホール、芸術学校、図書館などがある。。セントラル・パークの西側、9th Avと10th Avに挟まれた62stから66stにかけての約1万平方メートルの敷地に、ジョン・D・ロックフェラー3世の発案により1959年に着工された。
ヨークビル(Yorkville)
E80st.-E90st.と1st Avに囲まれたあたりは“ヨークビル”と呼ばれ、ドイツ系及び東欧系の移民による居住地区です。こちらのレストランでは各国の料理を手軽に楽しむこともできる。近くには、カーシュワルツ公園がある。
第5アベニュー・ミュジアムマイル(Fifth Avenue - Museum Mile(82nd-105th)
セントラル・パーク東脇を走行する区間のうち82丁目から105丁目の約1マイルの区間は、1980年代から90年代にかけてメトロポリタン美術館、ホイットニー美術館、グッゲンハイム美術館、クーパー・ヒューイット国立デザイン博物館など9館もの美術館・博物館が立地したため「ミュージアム・マイル(Museum Mile)」の愛称で知られる。ミュージアム・マイルは元々20世紀前半に多くの大邸宅が建てられたため「百万長者通り(Millionaire's Row)」として知られ、ニューヨークの裕福層がこぞってセントラル・パークに面するこの通り沿いに転居した。
アッパーウエスト・サイド(Upper West Side)
セントラルパーク中央部の西側に広がる地域。北は110St、南は59St、東はセントラル・パーク、西はハドソン川のエリア。
貯水池(ジャクリーン・ケネディ・オナシス・レザボア) / Jacqueline Kennedy Onassis Reservoir
セントラルパークにある貯水池(市民の水瓶)。故ケネディ夫人がよくこの池の周りでジョギングを楽しんだといわれる。
EI・バリオ(El Barrio)
1th Av-パーク Avと115st-120st で囲まれるエリアはスパニッシュ(イースト)・ハーレムと呼ばれる地域がある。この地域はプエルトリカンとメキシカンの街で、地元民は愛着のこもったスラングで"EL BARRIO"と呼ぶ。地域ラジオ局も多く生まれ、ラテン系黒人系文化の発信地区として知られます。
マウント・モウリス・パーク歴史地区(Mount Morris Park Historic District)
120st-124stとMadison Avー5th Avにあるマルクス・ガーベエイ・パークの西部域はマウント・モウリス・パーク歴史地区とよばれ、古いハーレムの様子をみることができます。
リトル・セネガル(Little senegal)
西アフリカ出身の人々が穏やかに暮らす街。民族音楽と最新アフリカンポップが同時に聞こえ、素朴なアフリカ料理とカフェオレが同居する街。W116丁目からモーニングサイド・パーク の東
モーニングサイド・ハイツ(Morningside Heights)
W110丁目から125丁目までモーニングサイド・ドライブ からリバーサイド・ドライブ まで高台の住宅街が広がり、コロンビア大学の学生街もある。
ハーレム( Harlem)地区
セントラルパークの東側では96stから北側、セントラルパークの北側では、110stから北側、 セントラルパークの西側では、モーニングサイド公園の北東側、で165thストリートまでにおよぶマンハッタン島の上部地域は、ハーレムとして知られています。アフリカ系アメリカ人やヒスパニック系アメリカ人のコミュニティーが中心である。
ストライブ・ロウ(Strivers' row)
W138st-W139st 及び Adam Clayton Powell, Jr. and Frederick Douglass Boulevardsに囲まれた19世紀末のレンガつくりの住宅(1891-1893築)。入り口には「Private Road ,Walk your horses」(私有地につき、馬を下りて歩いて下さい。)などと書かれているのは有名。
留意事項:初期画面ではマーカーが重なっています。十分に拡大してご確認下さい。
NY市地下鉄マップこちらを参照下さい。

.
bboard
〒654-0153 神戸市須磨区南落合2丁目1-51
TEL & FAX 078-793-1277
Copy right(c) ECOMAC all rigth reserved
.